大正製薬

小惑星探査機「はやぶさ2」プロジェクトチームへの期待&応援メッセージ贈呈

2019年7月9日


写真左:向かって左より、JAXA「はやぶさ2」吉川 真ミッションマネージャ、津田雄一プロジェクトマネージャ、当社マーケティング本部本部長 梅岡久
写真右:「はやぶさ2」プロジェクトメンバーのみなさんに向けた応援メッセージパネル

大正製薬株式会社[本社:東京都豊島区 社長:上原 茂](以下、当社)は、日本惑星協会が立ち上げた『はや2ホットライン「運用チームへの宅配便」』の活動に参画し、小惑星探査機「はやぶさ2」を運用する「はやぶさ2」プロジェクトへの期待と成功を願う応援メッセージを集め、6月25日(火)JAXA「はやぶさ2」プロジェクトチームに贈呈しました。

今回は、『はや2ホットライン』に寄せられたメッセージに加え、日本地球惑星科学連合2019年大会(開催日:2019年5月26日~30日、主催:公益社団法人 日本地球惑星科学連合)及び、はやぶさの日イベント(開催日:2019年6月9日、主催:銀河連邦サガミハラ共和国)の両会場で募った応援メッセージも合わせて贈呈し、メッセージの総数は、469件となりました。

応援メッセージは、2月13日、小惑星探査機「はやぶさ2」の開発・運用を行っているJAXA相模原キャンパス内で、相模原市様より津田雄一プロジェクトマネージャにお渡しいただきました。メッセージは、同キャンパスの宇宙科学探査交流棟内に掲示されます。

当社は、引き続き様々な団体と協力しながら、リポビタンDを通じて、宇宙開発に従事する人々、それを支える人々、それを応援する人々の気持ちに寄り添いながら、前進する一人ひとりのチャレンジを応援してまいります。

【ご参考】

  • 小惑星探査機「はやぶさ」とリポビタンDのエピソードはこちら
  • 小惑星探査機はやぶさ2ストーリーとみんなのファイトのそばに(日本語版)はこちら
  • 小惑星探査機はやぶさ2ストーリーとみんなのファイトのそばに(英語版)はこちら