Self-medicationセルフメディケーション

時代とともに変化する暮らしと健康のニーズに応える研究・製品開発を推進しています。

大正製薬のセルフメディケーション研究とは

セルフメディケーション事業では現在当社が主力としている「OTC医薬品(ドリンク剤、総合感冒薬(かぜ薬)、毛髪用剤等)」はもとより、健康と美にかかわる「食品」や「化粧品」まで、幅広い領域に取り組んでいます。

OTC医薬品では医療用医薬品のスイッチOTC化への対応、食品開発では生活者ニーズに応える特定保健用食品や機能性表示食品等の新規開発の拡大、化粧品では女性の悩みに応えるため2019年に新たなブランド「アドライズ」を立ち上げるなど、製品開発面でも新たな取り組みを行っています。

研究開発は、「安心して使えること(安全性・品質)」「よく効くこと(有効性)」「使いやすいこと(利便性)」 の3つの生活者視点から展開されています。

  • 「安全性」「有効性」に対しては確かな科学的根拠、時には臨床根拠をベースとした処方設計、新規素材開発等の最先端処方に取り組んでいます。
  • 「品質」においては、生活者の皆様に安心してお使いいただけるよう、これまでに蓄積した開発ノウハウをベースに最新の分析技術を取り入れ、より信頼性が高く効率的な品質評価方法を開発しています。
  • 「利便性」に関しては、常に生活者視点に立ち、使用シーンを考慮して、使いやすさに配慮した商品の開発を行うとともに、これまでになかった剤形への展開や容器開発も行っています。

魅力のある独自素材の開発や生理・病理の観点からの基盤研究、最新技術の獲得など、生活者ニーズを踏まえた付加価値の高い商品を探求して研究開発を進めています。今後さらにニーズが高まり成長が見込める分野のラインナップ拡充に向けて、オープンイノベーションをはじめ、国内外の企業、研究機関、大学との外部連携にも積極的に取り組んでいます。

R&D STORY研究開発ストーリー(セルフメディケーション)

健康と美を願う生活者のさまざまなニーズに応えるため、大正製薬が日々取り組んでいる研究活動についてご紹介します。

Self-medicationOther STORY他のストーリーを見る

Prescription pharmaceuticals医薬事業

次なる成長に向けた、戦略的開発を展開しています。

大正製薬の医療用医薬品研究とは

大正製薬は、研究開発志向型企業として「整形外科疾患」「代謝性疾患」「感染症」「精神疾患」を重点領域とし、外部研究機関との連携強化や先端技術の活用等にも取り組むことで独自性のある新薬の自社開発を目指しています。

また、国内外の企業から有望な新薬候補物質を導入することにより開発品の早期承認取得を目指した取り組みを行うとともに、ライセンス活動を通しパイプラインの強化を進めています。

Library研究論文ライブラリ

詳しく見る