事業領域

「健康と美」に関わる二つの事業を展開しています。

セルフメディケーション事業

OTC医薬品を中心に、スキンケア、健康⾷品まで幅広いラインナップを展開

セルフメディケーション事業では、ドラッグストアや薬局・薬店で購入できるOTC医薬品を中心に、健康食品や化粧品などの健康関連商品を手掛けています。

OTC医薬品では、ドリンク剤「リポビタンシリーズ」、かぜ薬「パブロンシリーズ」、⽑髪⽤剤「リアップシリーズ」などの主要ブランドをはじめ、各カテゴリーの製品を取りそろえることで生活者のセルフメディケーションに貢献しています。

当事業では社会環境や健康意識の変化に合わせるため、OTC医薬品の枠にとどまらず、健康食品や化粧品などの健康関連商品でも生活者のニーズを満たしたラインナップを拡充することで、新たな需要の創造に努めています。また購買行動の変化にも対応し、通信販売等の新しいチャネルの拡充などにも取り組んでいます。

製品ラインナップ写真

アジア、欧米で、地域におけるブランド⼒の⾼いOTC医薬品を展開

当社は1963年に初めてドリンク剤の販売を台湾で開始して以来、現在では世界14カ国でドリンク剤を販売しています。

OTC医薬品については2009年にアジアへ本格的に参入して以来、M&Aやブランド買収等によって新たな事業基盤を獲得し、インドネシア、タイ、マレーシア、フィリピン、ベトナムなど東南アジアを中心に展開を図ってきました。また2019年にはフランス・UPSA社を新たに連結子会社化することで、欧州を中心とした新たな事業基盤の獲得を行っています。

今後は東南アジア市場に欧州市場を加えた2極体制により、さらなる事業拡大を図っていきます。

OTC医薬品ラインナップ

医薬事業

研究開発型企業として自社開発品を上市

医薬事業では研究開発型企業としてマクロライド系抗菌薬「クラリス」、2型糖尿病治療薬「ルセフィ」経皮吸収型鎮痛消炎剤「ロコア」などを自社開発し上市しました。

「整形外科疾患」「代謝性疾患」「感染症」「精神疾患」を重点領域とし、開発品の早期承認取得を目指すとともに、国内外の企業から有望な新薬候補物質の導入を行っています。

また外部研究機関や他社との連携を強化し、新技術の導入や産学連携にも取り組むことで、革新的なオリジナル医薬品の創出に努めています。

自社開発品ラインナップ写真