ミドルケア 粉末スティック

ミドルケア 粉末スティックは、血中の中性脂肪を低下させる作用のある「モノグルコシルヘスペリジン」を配合した「特定保健用食品」です。
甘み・旨み・香りが際立つ一番茶をたっぷり使用。
焙煎された玄米の香ばしい香りを加え、上質な風味に仕上げました。

血清中性脂肪の変化

方法

血清中性脂肪が正常高値域よりやや高め(120〜200mg/dL)の被験者85名を2群に分け、「ミドルケア 粉末スティック」又は対照品(モノグルコシルヘスペリジンを含まない粉末緑茶)を1日1回、12週間摂取させ、0週、4週、8週、12週の血清中性脂肪値を測定しました。

結果

「ミドルケア 粉末スティック」群は、対照品群と比較し、摂取開始から4週経過後より、血清中性脂肪が有意に低下し、摂取終了までその効果が持続しました。

関与成分の「モノグルコシルヘスペリジン」が肝臓での中性脂肪の合成を抑え、また、分解を促進することで、血中の中性脂肪を低下させます。※本品は高脂血症の改善を目的とした商品ではありません
モノグルコシルヘスペリジンによる合成の抑制と分解の促進

オレンジの皮などに多く含まれるポリフェノールの一種ヘスペリジンに糖を結合させ、水溶性と吸収性を高めた成分です。

【ヘスペリジン(ビタミンP)】
・柑橘類(オレンジ、みかん、柚子など)由来のポリフェノール。
・身の部分よりも、皮や袋、スジに多く含まれており、ビタミンPとも呼ばれています。
ヘスペリジン(ビタミンP) イメージ図