コレスケア キトサン青汁

コレスケア キトサン青汁は、大麦若葉に、カニ由来の不溶性食物繊維「キトサン」を配合した、コレステロールが気になる方の食生活改善に役立つ青汁タイプの「特定保健用食品」です。
農薬を使わず栽培した国産有機大麦若葉を超微粉砕し、溶けやすく、スッキリと飲みやすい青汁に仕上げました。

コレスケア キトサン青汁を飲み続けると4週間から効果が現れます。
血清コレステロール値の変化

方法

被験者40名を2群に分け、「コレスケア キトサン青汁」または対照品(キトサンの代わりにマルトデキストリンを同量配合したもの)を各12週間(1日3袋)飲用してもらい、血清コレステロール値を測定しました。

結果

「コレスケア キトサン青汁」摂取群は対照品摂取群に比べ、コレステロール値が有意に低下しました。

血中コレステロールを原料として、肝臓で胆汁酸が作られます(イメージ図中1)。作られた胆汁酸は小腸へ分泌されます(イメージ図中2)。小腸へ分泌された胆汁酸の一部は再吸収され、肝臓へ戻り(腸肝循環)、再利用されます(イメージ図中3)。
「キトサン」は小腸で胆汁酸を吸着し、便として排泄し、再吸収過程を抑制します(イメージ図中4)。これにより失われた胆汁酸を補うために、血中コレステロールから胆汁酸を作る過程が活発になります(イメージ図中5)。このことにより血中コレステロールを減らすことが出来るのです。
イメージ図

コレスケア キトサン青汁の関与成分「キトサン」がコレステロールの吸収をおさえます。
「キトサン」は、カニやエビの殻由来のキチンをさらに化学処理することで得られる不溶性食物繊維です。
キトサンの構造式