PEOPLE

INTERVIEW
時代の変化を捉え、社内のニーズに応えていく
社員全員にとってより働きやすい環境へ
  • IT業務部では、情報化戦略に基づいた情報化計画の立案と各情報化プロジェクトの推進を行っています。私の所属するグループではSRやMR向けの情報支援システムやメール、ファイル共有、社内ポータルサイトといった社員のための情報共有基盤を担当しており、各利用部門の戦略や現場の業務改善に貢献できるようなITを活用した企画提案を行っています。計画から予算化、着手して実行するまで長いものだと1年以上かかるものもあります。導入するまでは多くの課題がありますが、現場社員の業務効率化等に繋がる仕事のため大変やりがいがあります。
  • ITの分野は日々技術が進歩しており、IoTや人工知能といったキーワードがトレンドになり私たちの日々の生活にも影響しています。また企業もこれまでの独自のシステムを運用する形態から、新しいサービスの利用が普及してきています。現場の社員が成果を出しやすいように、時代の変化に対応したIT活用の企画や提案が求められていると強く感じています。常にアンテナを高く情報収集を行い、柔軟な発想を持って社内のニーズに応えていくことが私の使命です。
  • 私が入社してから成長したと感じたことは、目的達成のためにその計画をしていく点です。案件ごとに予定をたて、スケジュールを管理しながら対応していきますが、日々忙しい業務に追われていると期限が厳しいと感じることもあります。そんな時に思い出すのは、入社後に受けたシステム開発現場研修での「相手と調整して決めた納期は必ず守ることがルール」という先輩からの言葉です。もちろん全て予定通りにはいきませんが、上長に進捗を報告、相談をしながら着実にプロジェクトを推進できるよう意識をしています。
1DAY SCHEDULE
    • 08:00

      出社、部内コミュニケーションツールチェック

    • 08:25

      グループ朝会

    • 09:00

      業者との打合せ

    • 10:00

      部内打合せ(プロジェクト進め方の報告)

    • 11:00

      プロジェクト打合せ(進捗状況確認、課題管理表確認)

    • 12:00

      昼食

    • 13:00

      担当案件週次報告資料作成

    • 13:30

      見積書、契約書類確認、押印依頼書作成

    • 14:00

      報告資料作成

    • 15:00

      グループミーティング

    • 16:00

      システム切替え計画策定、依頼事項まとめ

    • 17:30

      明日やるべきことの確認、日誌記入

    • 18:00

      帰宅

  • COLUMN
    生活者にとってより身近な存在になるために
    ドラッグストアはもちろんコンビニまで、間違いなく大正製薬の製品が置いてあることにとても誇りを持っています。私が昨年結婚した際、二次会の出席者の方々に渡すプチギフトに迷わず「リポビタンフィール」を選びました。会が夜だったこともありカフェインが入っていないものを選択し、ゲストに喜んでいただけたことがとても心に残っています。パッケージに結婚式用に準備したシールを張り付けて工夫したりと、良い思い出になりました。