PEOPLE

INTERVIEW
他社よりも魅力的なMRとして、
人との繋がりを大切に成果を追求していく
  • 私は医薬情報担当者として薬についての知識や情報を医師や薬剤師に提供をするMRとして働いています。仕事内容は日々病院を訪問し、先生方と折衝をしたり、製品についてご紹介の機会を頂けるよう全国のご講演に同行させていただくことも多々あります。知識が豊富な先生方への情報提供やコンタクトを密にとるため、自ら積極的に情報を収集することや、アップデートすることが求められる仕事です。大変な仕事ですが、先生方と信頼関係を構築し、自社製品のシェア拡大に繋がることに大きなやりがいを感じています。
  • 学生時代では研究職を志望していたのですが、ある時に教授から私の医療に対する関心と人当りの良さから、MRが向いていると言葉を頂いたことがありました。それからMRという仕事に魅力を感じたことや、多くの人と関わる仕事がしたいと思い、入社を決断しました。実際にこの職種に就いて、想像以上に多くの方と関わる機会が多いと感じました。時には気難しいと感じる先生方の対応は苦労を感じるときみありますが、マナーや礼儀を常に意識をし、真摯に接するという姿勢を大切にしています。
  • 私は現在大手の大学病院を担当しているのですが、日々心に止めていることは「大正製薬のMRとして埋もれないように」ということです。その病院では他社のベテランMRが5.6人担当することもあるため、その中でいかに製品や自分自身をアピールできるかというのが重要だと感じています。そのために、信頼していただけるような人間としてのふるまいをすることや、限られた時間の中で効率的に訪問できるようスケジューリングをするなど工夫を重ねています。優先順位をつけながら高い成果をあげられるようしっかりと計画をし、最善を尽くしていきたいと考えています。
1DAY SCHEDULE
    • 07:00

      出社、大学病院で午前の外来前コール

    • 09:30

      メールチェック、アポイントや営業活動の準備、報告などの事務処理

    • 11:30

      午後の外来前コール、処方確認、アポイント

    • 15:00

      昼食、事務処理

    • 16:30

      外勤先から戻られる先生方への声がけ、帰宅される先生方のお見送り

    • 20:00

      帰宅

  • COLUMN
    休日もしっかりと予定を入れて、リフレッシュをしています
    社会人になってから改めて感じるのですが、休日は本当に貴重です。気になっている映画を観に行ったり、読書をしたり、友人に会うなどして過ごしています。会社の福利厚生も充実しており、レジャー施設の優待やeラーニングで英語や資格の勉強をすることもできます。休日も予定をしっかり入れて活動的に過ごしていますが、リラックスをしているせいか驚くほど心の疲れがとれています。オンオフの切り替えを大切にすることで、明日からの仕事に力を入れることができています。