しっかり眠ってすっきりおきたい

戻る

少しの工夫で、眠りを上手に
コントロールしてメリハリのある一日を。

現代のストレス社会の中で不眠に悩む人が増えています。生活が便利になった分、忙しくなり、睡眠の質も量も低下しているといわれています。眠れないことの不安がさらに不眠を招くという悪循環も。睡眠は私たちの健康を守るために欠かせません。眠る環境や生活を見直し、適度な運動やリラックス法などを取り入れ、心地よい眠りを手に入れましょう。

まずは生活改善!

バランスのいい食事

バランスのいい食事

バランスの偏った食生活は自律神経に悪影響を与えます。
栄養バランスの良い食事は良い睡眠のためには重要なのです。

▼もっと詳しく知りたい方はコチラ(セルフドクターへJUMP!)

適度な運動

適度な運動

運動による適度な疲労は血行を促進するとともにストレスの解消にもつながり、深い眠りをもたらせてくれます。
運動の習慣を身につけましょう。

▼もっと詳しく知りたい方はコチラ(セルフドクターへJUMP!)

規則正しい生活を心がけましょう!

規則正しいリズムの生活

規則正しいリズムの生活

毎日決まった時間に起きて寝る。
生活のリズムを作ってあげることも実はよい睡眠には欠かせません。

▼もっと詳しく知りたい方はコチラ(セルフドクターへJUMP!)

太陽光を浴びる

太陽光を浴びる

太陽光を浴びることで身体は体内時計を調節します。
生活のリズムを作る秘訣は太陽光を浴びることにあるのです。

昼寝は30分以内

昼寝は30分以内

昼寝を長くとるとかえって夜眠れません。
昼寝は長くても30分を心がけましょう。

よい入眠のためのテクニック

ぬるめの湯でゆっくり入浴

ぬるめの湯でゆっくり入浴

ぬるいお風呂はリラックス効果があります。
逆に熱いお湯は交感神経を刺激し目が覚めてしまうのでお休み前には適しません。

▼もっと詳しく知りたい方はコチラ(セルフドクターへJUMP!)

寝室の環境づくり

寝室の環境づくり

リラックスできる寝室環境をつくりましょう。
特に光は体内時計の調節に働きかけます。
夜の強い光は禁物です。
寝室では間接照明などをうまく活用しましょう。

▼もっと詳しく知りたい方はコチラ(セルフドクターへJUMP!)

それでもダメなら睡眠改善薬を

必要に応じて薬の服用を

必要に応じて薬の服用を

不眠は身体と心に悪影響を及ぼします。
生活に支障が出るのならば薬の服用も必要です。
大切な明日のために良い眠りを。

  • Facebook
  • twitter
  • Google+
  • line

寝つきが悪い、眠りが浅い