• シリーズ製品情報
  • 乗物酔いのメカニズム
  • 素早く溶ける技術

乗り物酔いのメカニズム

乗り物酔いのメカニズム

不規則な揺れ、睡眠不足、空腹・食べ過ぎ、体調不良、乗物内での読書、酔うかもしれないという思いこみ…
これらは乗り物酔いのきっかけです。

私たちの脳は、何度か経験した揺れや加速度を記憶し、次に同様の経験をした時に姿勢を制御できるように備えます。
しかし、普段あまり経験したことがない揺れや加速度を体感すると、脳はその情報を処理しきれなくなり、乗り物酔いを起こします。

脳の嘔吐中枢を刺激するのはヒスタミンと考えられており、日本の乗り物の酔い止め 薬は、大部分が抗ヒスタミン薬をベースにしています。

慣れない乗り物の揺れ等が、脳を混乱させ、吐き気等を引き起こします。(感覚混乱説)

センパアシリーズでは、①と②の成分のはたらきにより、吐き気等の症状をおさえます。酔う前でも、酔ってからの症状でも有効です。

乗り物酔いを避けるために、次の点にもご注意ください

乗り物酔いのメカニズム

前夜は十分な睡眠を心がけましょう。

乗り物酔いのメカニズム

気分よくすごしやすい、前方の席や窓際の席を選びましょう。

乗り物酔いのメカニズム

飲みすぎや食べすぎは避けましょう。

乗り物酔いのメカニズム

楽しい会話や音楽を聞いたりして気分よくすごしましょう。