メニュー

みんなが抱える痔の悩み

妊娠・出産によるトラブル

妊娠中の赤ちゃんの重みによる「うっ血」や、出産時の「いきみ」などで、ママのおしりは痔になりやすくなっています。また出産後も、授乳や育児疲れで便秘をしやすく、痔ができてしまうこともあるのです。

妊娠~出産後に気をつけたいこと

女性は便秘になりやすく、それが痔の原因になっていることを述べましたが、さらに、妊娠や出産が引き金となって痔になったり、痔を悪化させたりすることがあります。

妊娠中や授乳中に市販の薬を用いる際は、使用できるものとできないものとがあるので、使用する前に必ず医師や薬剤師に相談してください。

妊娠時

妊娠時に分泌が盛んになる黄体ホルモンという女性ホルモンの1つが、腸の動きを抑制して便秘がちに。だんだん大きくなる子宮が腸を圧迫し、血液循環が悪くなってうっ血が起こったり、便秘もしやすくなります。

出産時

出産時のいきみによる刺激に加え、会陰(小陰唇の下端と肛門の間)が裂けたり、切開したりした後の縫合によって肛門のしまりが悪くなることが。

出産後

授乳中は、母乳に水分を奪われるため、水分不足で便が硬くなったり、便秘が起こりやすくなります。育児の疲れやストレスによっても便秘がちに。