戻る
リポビタンのあゆみ

第1章 誕生秘話

リポビタンD誕生の背景

高度成長期を迎え、高まる疲労回復のニーズ。
それに応えたのがリポビタンD!日本初のドリンク剤の誕生です。

リポビタンD誕生の背景

リポビタンシリーズが誕生したのは、今から約半世紀前。その頃日本は高度成長のまっただ中で、街にはいつも活気があふれていました。
当時販売していたのは、リポビタンDの原型というべき商品〝リポビタン〟。錠剤とアンプル剤の2種類があり、特にアンプル剤は栄養補給の有効成分、タウリンを配合した〝リポビタン液〟として親しまれる人気商品でした。
そんな中、「リポビタン液をもっと飲みやすく改良すれば、さらに皆様の健康維持に役立ち、喜んでいただけるのでは」という想いを強くしていたのが、当時の社長・上原正吉です。

味へのこだわり

※昭和37年発売当時のリポビタンD

〝飲みやすい〟ではなく、〝味にこだわった〟商品にすること―。
上原は味が良くて飲みごたえのある栄養剤の商品化にこだわりました。そこでひらめいたのが、アンプル剤の大型化。「有効成分独特の味わいを薄め、飲みやすいフレーバーを加える」という発想が、現在のリポビタンD誕生のルーツとなりました。こうして、日本初のドリンク剤が登場したのは、昭和37年のこと。飲みごたえのある100mLボトルの『リポビタンD』が生まれました。

時代の”元気”をサポート

時代の”元気”をサポート

昭和30年代は経済が急成長し、街や暮らしに活気と希望、そして元気があった時代。そんな人々の元気に後押しされ、リポビタンDは発売と同時に多くのみなさまからご好評をいただきました。
ちなみに発売当初、リポビタンDの価格は150円でした。昭和30年代の物価は、牛乳1本が18円、タクシーの初乗りが80円。決してお手ごろとは言えない価格のリポビタンDが人々に広く受け入れられたのは、このような高度成長する社会の中で、時代にマッチしたからと言えるのかもしれません。

リポビタンDトップに戻る