タウリン1000mg配合!リポビタンD製品情報

リポビタンD

タウリン1000mg配合!リポビタンD製品情報

  • ● リポビタンDは、1本中にタウリン1000mgとイノシトール、ビタミンB群などを配合した100mLドリンク剤です。
  • ● 主成分のタウリンは「含硫アミノ酸」という栄養成分の一種で、体の各組織に存在しています。
  • ● 肉体疲労・病中病後の栄養補給や滋養強壮、虚弱体質などに優れた効果を発揮します。

成分 100mL中

タウリン 1000mg、イノシトール 50mg、ニコチン酸アミド 20mg、チアミン硝化物(ビタミンB1)5mg、リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2)5mg、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)5mg、無水カフェイン 50mg、添加物:白糖、D-ソルビトール、クエン酸、安息香酸Na、香料、グリセリン、バニリン

効能・効果

  • ☆肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患などの場合の栄養補給
  • ☆滋養強壮 ☆虚弱体質

用法・用量

成人(15才以上)1日1回1本(100mL)を服用してください。

販売名

リポビタンD

製品カタログ

疲労との関係

長時間の運動では、エナジーサイクルだけではエネルギーをまかないきれなくなります。そうなると中間物質であるピルビン酸は、アセチルCoAに変化せず乳酸が作られます。このとき、ATPは作られますが、乳酸は疲労を感じる原因物質となります。

エナジーサイクルとは

エナジーサイクルとは、3大栄養素である糖質・脂質・たんぱく質を、生命活動に必要なエネルギーに変換するシステムのことです。
糖質・脂質・たんぱく質は、アセチルCoAという物質などに変換され、エナジーサイクルを通してエネルギーに変換されます。

リポビタンシリーズは効率的に栄養素をエネルギーに変換する、「エナジーサイクル」に作用します。

ビタミンB1の働き:ピルビン酸がアセチルCoAに変わるときの鍵、タウリンの働き:脂肪燃焼に関与、ビタミンB6の働き:タンパク質を構成しているアミノ酸がエナジーサイクルの燃料に変わるときの鍵、ビタミンB2の働き:脂肪燃焼の鍵

メカニズムについて

糖質・脂質・たんぱく質が変換してできたアセチルCoAは、エナジーサイクルへと進み、オキザロ酢酸と結びついてクエン酸を生成し、ビタミンの助けを借りながら変化を続け、ATP(※)というエネルギーを作ります。

※ATP:adenosine triphosphate(アデノシン三リン酸)

ビタミンはどんな働きをするの?
人間の体を車にたとえると、ビタミンはエンジンの働きを円滑にする潤滑油の役割を果たします。糖質や脂質、タンパク質などのエネルギー源をしっかり摂っても、ビタミンが不足するとこれらを十分に体内で活用できず、車を走らせることができないのです。エネルギー源の活用を左右し、エナジーサイクルを円滑にするビタミンは、体の発育や成長、健康の維持に欠かせない栄養素といえます。
エナジーサイクル:ATPエネルギーに変換