大正製薬

「ラグビー日本代表」への報奨金贈呈について

2019年12月11日

大正製薬株式会社〔本社:東京都豊島区 社長:上原 茂〕(以下、当社)は、ラグビーワールドカップ2019™日本大会において、予選リーグを全勝し、日本ラグビー史上初のベスト8入りを果たした「ラグビー日本代表」の選手及びスタッフ全員(51名)に対し、報奨金として一人あたり200万円を贈呈することを決定しましたのでお知らせいたします。

「ラグビー日本代表」が、想像を絶する重圧の中で勇気をもって戦う姿は、ラグビーファンのみならず、多くの日本国民に感動を与えてくれました。更に、状況に応じて的確に判断し、プレーする戦術や、「ONE TEAM」をスローガンとする組織力に敬意を表すとともに、世界に日本ラグビーの素晴らしさを伝え、日本中に勇気と感動を与えてくれたことに当社一同感謝しております。

当社は、「リポビタンD」のテレビコマーシャルなどを通じ訴求してきた「努力・友情・勝利」というメッセージが、ラグビーが謳う「One for all, All for one」という高い精神と相通じるものがあると感じ、2001年以来、ラグビー日本代表チームを支援してまいりました。

フランスで開催される次回のラグビーワールドカップでも「ラグビー日本代表」が活躍し、選手とスタッフ全員がビクトリーロードを歩んでいくことを期待するとともに、今後も当社は「ラグビー日本代表」を応援してまいります。