大正製薬

社会活動

生命科学関連研究への支援

医薬品をはじめとする生命科学に関する諸分野の研究を奨励し、生活者の健康と福祉の向上に寄与するための事業として、昭和60年2月に「上原記念生命科学財団」を設立いたしました。生命科学に関する研究へ従事されている方々に対して研究助成(助成金贈呈)し、研究において功績をあげられた方への褒賞(上原賞)などの活動を実施。また、国際シンポジウムの開催や国内外の若手研究者の研究留学をサポートするなど、生命科学の振興へ積極的な取組みを行っています。

情報公開・開示への取組み

生活者にも最も近い製薬企業として、生活者の「知る権利」にお答えすべく、OTC製品のパッケージや添付文書(使用上の注意)に、より分かりやすい情報を記載、また健康情報の発信拠点である薬局・薬店や医療の現場への適切な情報をお届けしています。

セルフメディケーションの振興

世界各国において重要な健康政策課題として、セルフメディケーションの振興が本格的に推進されています。わが国においても、2002年5月にNPO団体「セルフメディケーション推進協議会(SMAC:スマック)」が設立されました。当社もその趣旨に賛同し、SMACの活動に協力しています。また、生活者に分かりやすい健康情報をお届けする季刊誌「セルフドクター」の発行や、ウェブサイト「selfdoctor.net」上での情報提供も行い、健康管理に役立つ貴重な情報源として好評を得ています。

スポーツ活動の振興

2001年9月より、ラグビー日本代表チームをオフィシャルスポンサーとして支援してきました。また、世界の青少年に友情と親善の輪を広げることを目的とした世界少年野球大会への協賛など、スポーツ振興に寄与しています。

芸術文化への貢献:上原美術館

上原美術館は2017年11月3日、上原仏教美術館と上原近代美術館が一つとなり、伊豆・下田にリニューアル・オープンしました。
仏教館(旧・上原仏教美術館)では、平安・鎌倉時代の仏像から、奈良時代の古写経、近現代の仏像まで幅広い仏教美術を収蔵しています。
近代館(旧・上原近代美術館)では、印象派やマティス、ピカソ、安井曽太郎、須田国太郎、小林古径等による絵画を収蔵しています。
上原美術館は、これらのコレクションを中心に企画展を開催するほか、伊豆の古い仏教美術を紹介する活動を行なっております。そのほか、専門家を招いた講演会・講習会の開催、学校と連携した出張授業や授業入館を行い、幅広い文化振興活動に取り組んでいます。

※詳細はこちら。