突然起こる胃痛・腹痛

戻る

胃腸はストレスや不規則な生活、疲れなどの影響を受けやすく、ときに痛みを生じます。
突然のキリキリ、キューッとした痛みは、ストレスや疲れなどによる胃腸の異常な収縮が原因です。

約半数の人がストレスを自覚!

仕事や家庭、そこでの人間関係、不規則な生活など、現代人は疲労やストレスとなるさまざまな要因のなかで生活しています。
弊社で行った調査結果によると、全体の約半数の人が、ストレスにさらされていると自覚しています。
各年代とも、男性より女性の自覚率が高く、特に10~40代の女性の6割以上がストレスを感じています。

ストレスや疲労のさまざまな要因

■ストレスの自覚率

ストレスの自覚率図解

自律神経のバランスが崩れる

自律神経は、それぞれ反対の作用をもたらす交感神経と副交感神経からなり、これらがバランスをとりながら全身のさまざまな働きを調節することで、健康な体が維持されています。
例えば胃腸では、ぜん動運動や胃酸の分泌を促進するのが副交感神経の働き、逆にそれらを抑えるのが交感神経の働きです。これら2つの働きが一定のバランスを保ちながら、消化活動を行っています。
ところが、疲労やストレスなどの影響によって自律神経のバランスが崩れてしまうことがあります。自律神経のバランスが崩れると、胃痛・腹痛といったさまざまな不調が起こります。自律神経のバランス図解

胃腸の異常な収縮によって突然起こる胃痛・腹痛

自律神経のバランスが崩れ、副交感神経が優位になりすぎると、食事とは無関係に胃腸が刺激を受け、消化するものがなくても胃酸が過剰に分泌されたり、胃腸の異常な収縮が起こったりします。
このとき、胃や腸がキリキリ、キューっとさしこむ痛みが生ずるのです。
弊社の調査では、全体の3割を超える人が、こうした胃の痛みを自覚しているとの結果が出ています。中でも、20~40代の女性では、45%を超える人が胃痛を感じています。

胃痛・腹痛

■胃痛の自覚率

胃痛の自覚率図解