製品情報

戻る

効能

胃痛、腹痛、さしこみ(腹部疝痛せんつう
(本剤は、胃腸の緊張をやわらげる成分を含んでいます)

用法・用量

次の量を服用してください。服用間隔は5時間以上おいてください。

年令 15才以上 15才未満
1回量 1カプセル
服用しないこと
服用回数 1日3回まで

[注意]

  1. (1)定められた用法・用量を厳守してください。
  2. (2)服用後数時間たっても激痛がおさまらない場合や、5~6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、医師又は薬剤師に相談してください。
  3. (3)カプセルの取り出し方
    図のようにカプセルの入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り、取り出して服用してください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります) カプセルの取り出し図

※他の重篤な疾患[ 穿孔せんこう(胃腸に穴があく)、ヘルニア嵌頓かんとん(正常位置から脱出した腸がもとにもどらず、腸閉塞症状を呈する)等]の可能性があります。

成分(1カプセル中)

チキジウム臭化物…5mg
副交感神経を抑制し、胃腸の緊張をやわらげることにより、胃痛、腹痛、さしこみ等の症状をしずめます。

ご購入の前に

本品を購入する前に以下のチェック項目を確認してください

服用前の注意図解

使用上の注意はこちら