ストパンの効くメカニズム

戻る

自律神経と胃腸

自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあり、互いに制御しあってバランスを保ちながら、胃腸の働きをコントロールしています。 疲れやストレスなど、何らかの影響で自律神経のバランスが崩れ、副交感神経が優位になりすぎると、胃腸の平滑筋の過度な収縮によって、キリキリ、キューッとした痛みが生じます。

  • ストレスや疲れなど
  • 自律神経の
    バランスが崩れ
  • 副交感神経の
    刺激が過剰
  • 胃腸の平滑筋が
    過剰収縮
  • 胃けいれん、痛み

痛みのしくみ

胃腸の動きは自律神経がコントロールしています。

自律神経のバランスがうまく調整された状態
自律神経のバランスが
うまく調整された状態
神経伝達物質(アセチルコリン)/ムスカリン受容体
神経伝達物質のアセチルコリンとムスカリン受容体が結びつくと、指令を受けて胃腸の平滑筋が収縮します

胃腸の動きが正常で
痛みのない状態です

痛みのしくみ

胃腸の動きは自律神経がコントロールしています。

自律神経のバランスが崩れた状態
自律神経のバランスが
崩れた状態
神経伝達物質(アセチルコリン)/ムスカリン受容体
神経伝達物質のアセチルコリンとムスカリン受容体が結びつくと、指令を受けて胃腸の平滑筋が収縮します

ストパンの効くしくみ

ストレスや疲れ、不規則な生活、睡眠不足などにより、自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスが崩れておこる、突然の胃痛・腹痛に。

1回1カプセル ストパン

神経伝達物質(アセチルコリン)/ムスカリン受容体
神経伝達物質のアセチルコリンとムスカリン受容体が結びつくと、指令を受けて胃腸の平滑筋が収縮します