FAQ

戻る

「ストパン」はどのような胃腸症状に効きますか?
ストパンに配合されている「チキジウム臭化物」は抗コリン薬で、ストレスなどによる胃腸の過剰な収縮(緊張)をおさえます。
キリキリ、キューッとさしこむような、つらい胃痛・腹痛に優れた効果があります。
H2ブロッカーとの違いは何ですか?
ストパン(抗コリン薬)とH2ブロッカーは、どちらも胃痛に対して効果がありますが、ストパンは主に胃の平滑筋の過剰な緊張を抑えることにより、H2ブロッカーは胃酸分泌を抑制することにより、それぞれ胃痛に対する効果を発揮します。
ストパンを服用出来ない人はいますか?
次の人は服用しないでください。
(1)本剤又は他の胃腸鎮痛鎮痙薬によるアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)次の診断を受けた人。[症状を悪化させることがあります]
緑内障、前立腺肥大、心臓病、麻痺性イレウス(腸閉塞)、甲状腺機能亢進症、不整脈、潰瘍性大腸炎
服用する前に注意することはありますか?
次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人又は他の医薬品を服用している人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)授乳中の人。
(4)高齢者、体の弱っている人。
(5)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(6)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(7)排尿困難の症状のある人。
服用中に注意することはありますか?
・服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください。
(目のかすみ、異常なまぶしさ等の症状があらわれることがあります)
・本剤の服用により汗が出にくくなることがあるため、高温下での作業などをさけてください。
続けて服用出来ますか?
ストパンは「症状があらわれたとき」に服用(1回1カプセル)していただく胃腸薬です。1日3回まで服用できますが、服用間隔は5時間以上おいてください。
ただし、次の場合は他の疾病による可能性も考えられるので、医師又は薬剤師に相談してください
・服用後、数時間経っても激痛がおさまらない場合
・5~6回服用しても症状がよくならない場合
・症状の改善がみられても服用期間が1週間を超える場合
副作用はありますか?
口のかわき、便秘などがあらわれることがあります。副作用の詳細については、使用上の注意を参照してください。
他の胃腸薬と併用できますか?
本剤を使用している間は、他の胃腸鎮痛鎮痙薬、ロートエキスを含有する他の胃腸薬は服用しないでください。作用が強くあらわれて予期せぬ副作用が起こる原因にもなります。