メニュー

戻る

大正漢方胃腸薬「爽和」の処方

大正漢方胃腸薬「爽和」の
処方

ストレスによる胃腸症状のために開発された漢方胃腸薬

四逆散

四逆散

精神的な緊張状態をほぐす作用があり、神経性胃炎、胃痛、腹痛等の症状を改善します。

柴胡(サイコ)・枳実(キジツ)・芍薬(シャクヤク)・甘草(カンゾウ)
+

安中散

安中散

衰えた胃腸のはたらきを活発にする作用があり、胃もたれ、胃部不快感、胸やけ等の症状を改善します。

桂皮(ケイヒ)・延胡索(エンゴサク)・牡蠣(ボレイ)・茴香(ウイキョウ)・縮砂(シュクシャ)・甘草(カンゾウ)・良姜(リョウキョウ) 桂皮(ケイヒ)・延胡索(エンゴサク)・牡蠣(ボレイ)・茴香(ウイキョウ)・縮砂(シュクシャ)・甘草(カンゾウ)・良姜(リョウキョウ)

このページのトップへ