8. ミノキシジルの濃度による効果の違いは?

ミノキシジル5%の効果

ミノキシジル1%配合の「リアップ」発売後、さらに有効性を高める目的で高濃度製剤の開発を進め、ミノキシジル5%製剤と1%製剤を比較した臨床試験を実施しました。
結果、5%製剤は1%製剤よりも、総毛髪教および非軟毛数(太さ40マイクロメートル以上の毛髪)が有意に増えることが確認され、医師による脱毛部位の改善度評価でも、使用24週後の「軽度改善」以上の割合は、5%製剤が91.7%(著明改善2.1%、中等度改善47.9%、軽度改善41.7%)となりました。この臨床試験により「リアップ」を超える高い発毛効果が認められたため、ミノキシジル5%配合の「リアップX5」が発売されました。(承認申請時添付データより。リアップX5プラスローションは、リアップX5との同等性を確認しています。副作用発現率8.0%。接触皮膚炎1例、湿疹1例他n=50)

ミノキシジルについて、ぜひ知っていただきたいこと