1. ミノキシジルとは

ミノキシジルとは

ミノキシジルとは、リアップシリーズの発毛剤の主成分で、壮年性脱毛症における「発毛」と「脱毛(抜け毛)の進行予防」の効果が認められています。
ミノキシジルに発毛効果があることが分かったのは、1979年のこと。その後、1988年にアメリカで厳密な臨床試験を経て有用性が確認され、医薬品としての発毛剤が誕生しました。これまでに、世界90ヵ国以上で承認され使われています。

ミノキシジルが効果を発揮する壮年性脱毛症とは、「男性型脱毛症」あるいは「AGA(Androgenetic Alopecia)」とも呼ばれ、ヘアサイクルにおける初期成長期に男性ホルモンが作用し、後期成長期毛と呼ばれる太い毛に成長せず、そのまま後退期毛を経て、休止期毛になることを繰り返すことにより、毛髪が薄く見える状態になる症状を言います。

ミノキシジルは成分名

「ミノキシジル」は薬の名前ではなく、成分の名前です。
ミノキシジルはアップジョン社(現Johnson&Johnson社)が開発し、高血圧症治療の内服薬の成分として1979年からアメリカで使用され始めましたが、治療中の患者に多毛が認められたことから、改めて外用の発毛剤の成分として開発が進められ、ミノキシジル配合の発毛剤が医薬品として承認されました。

ミノキシジルの作用

ミノキシジルには、正常なヘアサイクルに戻す作用があります。詳細なメカニズムはまだわからないことも多いのですが、ミノキシジルは、毛包に直接作用し、細胞の増殖やタンパク質の合成を促進することによって発毛させることは分かっています。

ミノキシジルについて、ぜひ知っていただきたいこと