大正製薬のビジョンと変わらない想い

大正製薬の想い

予防から治療までをトータルサポート

現在、日本は高齢化が進んでおり、「健康で美しく老いたい」という生活者の意識が高まっています。

大正製薬は、健康と美を願う生活者のために優れた医薬品・健康関連製品を創造・提供してきました。私たちの想いは変わりません。

セルフメディケーションと医療用医薬品を生活者の立場で提供できる大正製薬だからこそ、
今後の変動する医薬品業界においてもニーズに応えられると思います。

「健康でありたい、すべての人々へ」
それが、大正製薬の想いです。

大正製薬の目指す事

セルフメディケーション事業 生活者視点を捉えた製品の開発

生活者の自己管理に貢献

高齢化がますます進む日本において社会保障費、医療費を抑制するための根本的な対策が必要です。医療費を抑制する一つの方法として「自分の健康は自分で守る」セルフメディケーションという考え方があります。生活者自身で健康を管理し、軽い病気やけがの症状緩和や予防のためにOTC医薬品などを自己負担で利用し手当てすることです。

OTC医薬品のリーディングカンパニーである大正製薬が目指す姿は、生活者の皆様が安心して使用できることは当然のことですが、更なる推進のために、効き目がより高いOTC医薬品(特にスイッチOTC医薬品)の開発に力を入れていきます。

生活習慣病の予防に貢献

今後においては、生活習慣病予防も大事な要素の一つです。大正製薬は、日常の生活の中で病気を予防し、体調を維持していくという考え方から、健康ケアを応援するブランドとして「Livita(リビタ)」シリーズを発売しています。
更に2006年に参入した通信販売事業に関しても、ラインアップが増え、生活者の健康を予防からサポートしていきます。

医薬事業 重点領域への選択と集中でシェアを拡大

医薬事業を取り巻く環境は、世界的な新薬開発競争の激化とそれに伴う研究開発コストの増大、医療費適正化の諸施策が進められるなかでの薬価制度の見直しなど、一段と厳しさを増しています。

大正製薬では研究開発の重点領域を「感染症」「整形外科疾患」「精神疾患」「代謝性疾患」に絞り込み、「国際的に通用する独自の新薬開発」をテーマに積極的な研究開発を進めています。

販売、マーケティングに関しては、大正富山医薬品において「感染症」「炎症・免疫」「代謝性疾患」の3つの領域の強化に取り組んでおり、2014年5月には、代謝性疾患領域において、2型糖尿病治療薬「ルセフィ」を発売、2016年1月には、炎症・免疫領域において、経皮吸収型鎮痛消炎剤「ロコアテープ」を発売しました。今後も、医療現場でのさらなる貢献を目指していきます。

海外事業 アジア地域に向けてOTC医薬品事業への本格的参入

「リポビタンD」が海外に進出したのは1963年。現在では、アジアの国々を中心に、世界16カ国で「リポビタン」を販売し、東南アジアではドリンク剤市場の国際的リーダーとしての地位を確立しています。そして、タイ・マレーシアなどではパブロン・大正漢方胃腸薬を販売しています。
さらにOTC医薬品を海外に展開するために、現地法人を設立しドリンク剤だけではなく、OTC医薬品でも事業基盤の拡大を図り、海外の売上を伸ばしていきます。

■海外現地法人

  • ・上海大正力保健
  • ・香港大正製薬
  • ・台湾大正製薬
  • ・大正オソサパ製薬(タイ)
  • ・大正製薬インドネシア
  • ・シンガポール大正製薬
  • ・ホウ製薬HD(マレーシア)
  • ・マレーシア大正製薬
  • ・ベトナム大正
  • ・フィリピン大正製薬
  • ・インドネシア大正
  • ・加州大正製薬
  • ・大正R&D USA
  • ・シクサ社 (メキシコ)

大正製薬グループについて