先輩社員紹介 開発(セルフメディケーション)の先輩社員 OTC医薬品のリーディングカンパニーで生活者が本当にほしい医薬品を届ける

業務内容

入社以来、OTC医薬品の臨床開発を行っています。治験計画の立案から始まり、治験中のモニタリング、データの回収、そして、その治験データをまとめて審査当局に提出し、製造販売承認を取得するまでが主な業務です。治験計画の立案にあたっては、専門家や文献などから集めた情報をもとに疾患の病態や生理、薬剤のプロファイル等を熟知した上で、プロトコール(治験実施計画書)を作成します。またモニタリングでは医療機関に赴いて治験の進捗を確認しつつ、医師との面談やカルテ閲覧を行うことで、薬剤の有効性や安全性を見極めるための情報収集と治験データの信頼性保証を行います。その後、回収したデータを分析し、薬剤の評価をまとめ、製造販売承認取得のための申請資料の作成に入ります。

下益田 正嗣 セルフメディケーション臨床開発部 2011年入社 薬学教育部生命薬科学専攻 卒

ニーズに合った新しいOTC医薬品を生活者の手に届けたい

 大学院では臨床研究を専門的に学び、ヒトのDNAを分析して遺伝子型の違いによる薬の効果の違いについて研究していました。臨床研究を行う中で、医薬品の開発に携わりたい、なかでも生活者の反応が身近に感じられるOTC医薬品の開発に携わりたいというのが、就職にあたって考えていたことです。「OTC医薬品のリーディングカンパニーである大正製薬であれば、すぐれた医薬品を世の中に出すというやりがいや達成感をより得ることができる」。そう確信したのが、入社の決め手でした。
 店頭に並ぶOTC医薬品は、生活者が自ら選ぶもの。生活者にとって薬効がわかりやすいこと、使いやすいことなどが求められます。そのため研究所を含む関連部署としっかり連携し、多面的に判断して治験計画を立てていきます。活発な意見を出し合う現場では、「すぐれた医薬品を生活者の手に届けたい」という情熱をひしひしと感じます。

臨床開発に大切なのは「3つの視点」

 臨床開発は医薬品の開発において、最終ステージ。というのも、研究所で動物実験などを通して認められた有効性や安全性の情報が、ヒトに対しても問題ないといえるか、治験を実施することで証明する段階だからです。その証明のために、治験では、病院などの医療機関や医師に治験実施を依頼します。医師たちにこちらの熱意を伝えて協力を仰ぐことが必須ですから、経験や知識の蓄積はもちろん、コミュニケーション力がものをいう仕事でもあります。
 臨床開発の仕事に求められるのは、「企業人」「生活者」「研究者」としての視点です。我々は良い結果を出すために日々邁進し、さらに、治験結果は生活者が求めているものでなければなりませんが、当然、適正な評価を行う必要があり、一歩ひいた目線で判断することが必要です。3つの視点を持ち、関係者と協力しながらつき詰めて考え、少しでも魅力的な医薬品を生活者に送り届けること。それが私たち臨床開発に携わるスタッフの使命だと考えています。いつか私が関わった医薬品が、皆さんに心から喜んでもらえること。その日を楽しみに開発に携っていきます。

思い入れのある製品

リポビタンD

夜遅くまで研究することが日常茶飯事だった大学時代の私の相棒は、決まって『リポビタンD』でした。特にゼミ発表などが近づくと、資料作りのため深夜まで研究室にこもりっきり。疲れたときや眠気に襲われて集中力が落ちてきたときに、リポビタンDを飲むと、スイッチが入りやる気が出ます。まさに「ファイト一発!」。気合をいれたいときに今も飲んでいます。

ページ上部へ