個人情報及び特定個人情報保護基本方針

当社は、(i) 個人の利益と個人情報の保護を重要な責務と認識し、業務に関連する個人情報の取得・利用・管理等の取扱を、以下の方針に従って行うこと、及び (ii)「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」に基づいて個人番号及び特定個人情報(以下「特定個人情報等」といいます。)を取り扱う事務を、以下の方針に従って行うこと、といたします。

  1. 個人情報及び特定個人情報等に適用される関係法令・ガイドライン等を遵守し、また特定個人情報等の適切な収集、利用、提供、保管及び廃棄を行うとともに、個人情報保護に関する社内規程及び特定個人情報等の取り扱いを定めた社内規程等を制定、遵守し、個人情報及び特定個人情報等の取扱を適切に行います。
  2. 個人情報及び特定個人情報等は適正な手段により取得し、また特定個人情報等は法定の個人番号関係事務の範囲内で適切に取り扱います。
  3. 個人情報の利用目的をできる限り特定し、予め利用目的を公表している場合を除き、すみやかにその利用目的をご本人にお知らせします。個人情報の利用は、利用目的の達成に必要な範囲で行います。 また、特定個人情報等は法定の利用目的の範囲内でのみ利用します。
  4. 個人データを第三者に提供する場合は、予めご本人の同意を得、または必要な事項をご本人の知り得る状態に置くこととし、特定個人情報等は法令等で認められている範囲内で提供を行います。なお、個人データを共同利用する場合は、共同利用者・利用目的等をご本人にお知らせしもしくはご本人の知り得る状態に置き、また個人データ及び特定個人情報等の取扱を第三者に委託する場合は、安全管理が図られるよう適切に対処します。
  5. 個人情報保護に関する基本方針及び社内規程等を周知徹底させるため、役員、従業員等に対して教育、研修を行います。 また、特定個人情報等を取り扱う者に対する教育、研修を実施します。
  6. 個人データを適切に管理するための組織・責任体制を構築するとともに、適時に実施状況を監査し、改善が必要であれば遅滞なく実施します。また個人データ及び特定個人情報等の漏洩・紛失等を防止するため適切な安全管理措置を講じます。また、万一漏えい等が発生した場合には、事案に応じて、速やかな是正措置を実施します。
  7. 個人データの正確性確保に努め、個人情報及び特定個人情報等に関する苦情又はご本人からの保有個人データについての開示・訂正・利用停止等の求めに対しては、受付窓口を定め、適切に対応します。

なお、この基本方針は適宜見直しを行い、継続的改善に努めてまいります。

平成23年10月3日制定
平成27年12月1日改定
大正製薬株式会社
代表取締役社長  上原 茂