メニュー

ライフスタイルを改善しよう

食生活を見直そう

生活習慣の見直しとともに、食事の内容にも気をつけ、スムーズな便通を取り戻しましょう。
また、便意を起こりやすくする工夫も大切です。以下の内容を参考にしてください。

食物繊維をしっかり摂る

便秘を防ぐためには、食物繊維の多い食品をしっかり摂ること。食物繊維は、腸内で水分を吸収して膨らむので、便のかさを増やして適度に軟らかくしてくれます。野菜やいも類、豆類、海藻、きのこ類、ドライフルーツ、こんにゃくなどが食物繊維の多い食品です。

朝食をきちんと食べる

朝、起きて空の胃の中に食べ物が入ると、腸が活発に動き出し、便意が起こりやすくなります。起床直後に、冷たい水や牛乳をコップ 1杯飲むのも腸への刺激となります。

アルコールや香辛料は避ける

症状のあるときは、アルコールや香辛料は避けましょう。アルコールや刺激物は肛門を刺激してうっ血の原因となったり、症状を悪化させてしまいます。

乳酸菌を摂る

整腸作用のある乳酸菌や乳糖、オリゴ糖を積極的に。ヨーグルトや乳酸飲料に多く含まれています。