メニュー

ライフスタイルを改善しよう

おしりに負担をかけない排泄を

間違った排便習慣は痔の原因となります。痔にならない・痔を悪化させないために、まず大切なことは、おしりに負担をかけない排泄を心がけることです。

便意が起こってからトイレに行く

便意があろうとなかろうと、毎日、決まった時間にトイレに行かないと気がすまない人がいるかもしれません。

しかし、便が直腸まで下りてきていないのに排便しようとすると、肛門に余計な負担をかけ、それが痔の原因になります。

便意を我慢しない

便意の我慢を繰り返していると、便意を感じなくなり、直腸に長く便がとどまってしまいます。そうなると、水分が腸に吸収されて便が硬くなり、排泄の際に肛門に負担をかけることに。

トイレの長居は禁物

便意に従って排便すれば、だいたい3分もあれば十分排泄できます。トイレで長い時間いきむのは肛門の負担になります。トイレに長居するのはやめましょう。

おしりは清潔に保つ

排便後は、おしりを優しく拭き、シャワートイレを使ったり、座浴や入浴で肛門をきれいにしておきましょう。市販の肛門清浄剤を使っても。