[本文へジャンプする]
文字サイズ

かゆみを伴う疾病についてCheck かゆみを伴う疾病について

デリケート部位のかゆみ、かぶれなどは、さまざまな疾病によって引き起こされる場合があります。
症状によって異なるので、疾病に合わせて適切な薬をお使いください。

あなたのかゆみはどの疾病?あなたのかゆみはどの疾病?

【チャート】かゆみを伴う疾患の見分け方

CHECK

デリトリーナの詳細はこちら

腟カンジダ治療薬は再発限定※のためチェックシート等で確認しましょう! ※過去に医師の診断・治療を受けた方に限る

詳しいセルフチェックシートはこちら

セルフチェックシート(PDFで表示)

◆これらの症状以外でも、外陰部にかゆみをきたす疾病もございます。これらの症状以外でも、外陰部にかゆみをきたす疾病もございます。

疾病

特  徴

皮膚瘙痒症

皮疹がないのにかゆみをつよく訴える。
かきこわしによって患部にただれや発赤が生じることもある。

外陰ページェット病

外陰部の癌で、閉経後にかかりやすい。かゆみや熱感が強く、発赤等の発疹から腫瘍となることもある。慢性湿疹やカンジダ症と似ているので、症状が慢性に経過する場合はより注意が必要。

慢性単純性苔癬
(ビダール苔癬)

患部がかわいて、すこし盛り上がって固くなり、ごわごわしており、はげしいかゆみを伴う。

腟カンジダ症、接触性皮膚炎以外で該当する症状がある場合は、他の疾病の可能性がありますので、
医師の診断を受けてください。

[本文ここまで]