メニュー

メタボリックシンドロームとは

日本では、ウエスト周囲径(おへその高さの腹囲)が男性85cm女性90cmを超え、高血圧高血糖脂質代謝異常の3つのうち2つ以上当てはまるとメタボリックシンドロームと診断されます。

日本におけるメタボリックシンドロームの診断には、内臓脂肪の蓄積が必須条件で、それに加えて、血圧・血糖・血清脂質のうち2つ以上が基準値を超えていることが条件となっています。

必須事項

内臓脂肪蓄積

ウエスト周囲径*

男性 ≥ 85cm
女性 ≥ 90cm

選択項目:以下の3項目のうち、いずれか2項目以上があてはまる場合。

1.血清脂質
高トリグリセリド血症
≥ 150mg/dl
かつ/または
低HDLコレステロール血症
< 40mg/dl
1.血清脂質
収縮期(最大)血圧
≥ 130mmHg
かつ/または
拡張期(最小)血圧
≥ 85mmHg
1.血清脂質
空腹時高血糖 ≥ 110mg/dl
  • 内臓脂肪面積 男女ともに≥100cm2に相当
  • CTスキャンなどで内臓脂肪量測定を行うことが望ましい。
  • ウエスト径は立位・軽呼気時・臍レベルで測定する。脂肪蓄積が著明で臍が下方に偏位している場合は肋骨下縁と前上腸骨棘の中点の高さで測定する。
  • メタボリックシンドロームと診断された場合、糖負荷試験が薦められるが診断には必須ではない。
  • 高TG血症・低HDL-C血症・高血圧・糖尿病に対する薬剤治療をうけている場合は、それぞれの項目に含める。
  • 糖尿病、高コレステロール血症の存在はメタボリックシンドロームの診断から除外されない。

基準値は世界各国で異なり、日本では日本人のデータに基づき平成17年(2005年)に次のように決められました。すなわちウエスト周囲径が基準値(男性85cm以上、女性90cm以上)を超え、1.-3.のうち2つ以上に該当する場合、メタボリックシンドロームと診断されます。

公益財団法人結核予防会 新山手病院 生活習慣病センター長 宮崎 滋
筑波大学 医学医療系 社会健康医学 講師 山岸 良匡

参考文献

  • メタボリックシンドロームの定義と診断基準
    日本内科学会雑誌 第94巻 第4号, 平成17年4月10日.

■メタボリックシンドロームから動脈硬化へ

動脈硬化とは、血管が弾力性を失って硬く狭くなる状態です。遺伝的な体質や老化でも起こりますが、メタボリックシンドロームの状態では、動脈硬化の進行が加速し、動脈硬化性疾患の発症率を高めます。
危険因子の数と心血管病(心筋梗塞や脳梗塞など)を発症する倍率

■動脈硬化が進むと

  • 心臓で起こると、狭心症心筋梗塞
  • 脳で起こると、脳梗塞
  • 腎臓で起こると、腎臓不全
  • 腹部、胸部で起こると、大動脈瘤
  • 足で起こると、閉塞性動脈硬化症
これらの病を発症する危険があります!
日ごろの生活習慣を改善し、健康診断結果などを注意して見ることで、メタボリックシンドロームの予防を心がけましょう。

■腹部肥満って何?

腹部肥満とは、内臓に脂肪がたまりすぎた状態のことです。腹部肥満になると脂質異常症高血圧高血糖などの生活習慣病が起こりやすくなり、動脈硬化を急速に進める原因となります。

腹部肥満って何?腹部肥満って何?

内臓脂肪型

腹部の内臓の周りに脂肪がつき、腹部が出てきて上半身が太る傾向があることから、上半身肥満やりんご型肥満と呼ばれ、男性に多い肥満です。生活習慣病を招きやすいのは内臓脂肪型、すなわち腹部肥満です。

皮下脂肪型

下腹部やおしり、足などの皮下に脂肪がつきやすく、洋ナシ型肥満と呼ばれ、女性に多い肥満です。

おもな原因

腹部肥満は、食べる量と運動量がアンバランスになることが大きな原因。摂取するエネルギーより消費するエネルギーが少ないと、余った分が脂肪細胞に蓄えられます。腹部肥満の状態を解消するには運動が効果的です。また、同時に食生活を改める必要があります。

■まずは腹部肥満の目安を知ろう!

日本肥満学界が定めるBMI(ボディマスインデックス)の数値計算と目安です。

体重(kg)÷身長(m)の2乗=BMI指数
18.5未満 低体重
18.5以上
25未満
普通体重
25以上
30未満
肥満1度(軽度肥満)
30以上
35未満
肥満2度(中程度肥満)
35以上
40未満
肥満3度(高度肥満)
40以上 肥満4度(超高度肥満)
まずは腹部肥満の目安を知ろう! イメージ図まずは腹部肥満の目安を知ろう! イメージ図

BMI指数が肥満とされる25以上でも、健康上のトラブルがなければ心配ありませんが、脂質異常症高血圧高血糖などの健康障害がある場合は、治療や減量が必要となります。

腹部肥満を防ぐために!

適度な運動、食事の改善、
ストレスをためない生活を!

食事の改善!ストレスをためない!運動不足を解消する!

■生活習慣病とは?

糖尿病や高血圧脂質異常症などは、以前は「成人病」と呼ばれ、年をとるとだれにでも起こる病気と受け止められていました。しかし、多くは生活習慣と深い関わりがあるため、平成8年12月より厚生労働省公衆衛生審議会が提唱し、「生活習慣病」と呼び改めるようになりました。生活習慣病の定義は「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒などの生活習慣が、その発症、進行に関与する疾患群」。生活習慣の積み重ねに加え、外部環境や遺伝的素因、加齢の要因が重なり合って起こる病気です。
生活習慣病とは?生活習慣病とは?

■生活習慣病にあたる病気

おもな生活習慣病は糖尿病(成人に多く起こる2型糖尿病)、高血圧脂質異常症、肥満症です。その他にも、高尿酸血症や動脈硬化症、脳卒中、心臓病(狭心症、心筋梗塞)、慢性気管支炎、肺気腫、大腸がん、アルコール性肝障害、歯周病、骨粗鬆症などがあげられます。感染症や自己免疫疾患以外で、ほとんどの病気の発症に生活習慣が関わっていると考えられます。
生活習慣病にあたる病気生活習慣病にあたる病気

■生活習慣病に関わる生活習慣

生活習慣病は次のような生活習慣が関わって起こります。

食習慣 過食や高脂肪食、高塩分食、偏食、緑黄色野菜の不足など。
運動習慣 運動不足など。
休養 過度のストレス、過労、睡眠不足、不規則な生活など。
飲酒
喫煙
大量のアルコール摂取など。
生活習慣病にあたる病気生活習慣病にあたる病気