タウリンの疲労回復効果

3.疲労回復の方法は?

疲れた時の対処法としては、まずは十分な睡眠をとって栄養を補給し、気分を切り替えることが重要になります。
運動や肉体労働による身体の疲れを解消する方法は、睡眠をとり栄養補給をすることです。消費したエネルギー源を回復することにより、身体の疲れの解消につながります。しかし、精神的なストレスによる疲れは、原因が取り除けない場合が多いので気分の切り替えが重要になります。
気分を切り替えるためには、今の自分がどのようなストレスにさらされているかを知っておくことが大切です。仕事のストレスで疲れている場合は、家に帰ったら仕事のことは忘れるようにし、趣味の時間を持つなどして、自分がリラックスできる方法で過ごしましょう。
ストレスフルな状態だったり、過度に身体を使った後は、『寝ようとすればするほど目がさえて眠れない…』ということもあります。そのような場合は気分がたかぶっているので、まずは、気分をリラックスさせる必要があります。お風呂に入ったり、飲み物を飲んだり、本を読んだりして気分を切り替えると、リラックスできて眠りやすくなります。

4.疲れに効く栄養素は、ビタミンB群とタウリン

運動や肉体労働などによる身体の疲れの回復には、十分な睡眠や気分的なリフレッシュに加え、適切な栄養補給をすることが大切です。
疲れをとるためには、主に糖質(炭水化物)やビタミンB群のような栄養素を意識して摂るとよいでしょう。
糖質(炭水化物)は、肉体の疲労回復を早める効果があり、エネルギー産生(代謝)を促すビタミンB群と一緒に取るようにすると効果的です。糖質(炭水化物)ばかりではバランスが悪い食事になりますので、糖質(炭水化物)は摂取カロリーのうち50~65%程度にするのがバランスの良い摂り方です。ビタミンB群には、ビタミンB1、B2、B6などがあり、糖質や脂質、タンパク質をエネルギーに変換しています。
ビタミンB群は水溶性のため、余った分は体外に排泄されるので、毎日取り続けることが必要です。
これらに加えて、タウリンを意識して摂取しましょう。タウリンは、主に筋肉に多く含まれていますが、身体のあらゆるところに存在しており、体内で大変重要な働きをするアミノ酸です。タウリンも、ビタミンB群と同じく、多量に摂取しても、余剰分は体外に排出されますので、不足しないように毎日摂り続けましょう。

リポビタンDトップに戻る