戻る
リポビタン製品年表

舞台を広げて海外へ挑戦!1967(昭和42)年~

新しいジャンルを切り開き成長したリポビタンDは、
日本国内だけでなく、世界に向けてはばたきました。

1969(昭和44)年

商品の歴史

香港で「力保健」を発売

力保健

リポビタンDのフルーティーな味わいは、日本人の嗜好にあっていますが、海外では各国の食文化の違いにより、異なった味で販売しています。
東南アジアでは甘い味が好まれたり、欧米ではヘルシー嗜好が強いため、甘さ控えめだったり・・・中には日本にはない、炭酸入りのリポビタンもあるんです!
これが、世界中でも愛されるリポビタンの秘密なのですね。

トピックス

タワー陳列を積極的に展開

タワー陳列を積極的に展開

薬局、薬店で積み上げられるリポDタワーで、より知名度がアップ、売り上げも一気に伸びたのもこの頃です。

1972(昭和47)年

商品の歴史

マレーシアとシンガポールで「LIVITA」を発売

マレーシアとシンガポールで「LIVITA」を発売

トピックス

1973(昭和48)年

商品の歴史

フィリピンで「LIPOVITAN」を発売

フィリピンで「LIPOVITAN」を発売

トピックス

新広告タレントに映画スター宝田明氏を起用

新広告タレントに映画スター宝田明氏を起用

「スター広告」がスタート。
キャッチフレーズは「ヨッ!お疲れ!」。
後に「お疲れさん!」「やるじゃない!」へ。
この頃より、瓶から水滴の飛び散るカットが使われ始めました。

※掲載の商品は発売当時のものとなります。