戻る
リポビタンDができるまで

01. 原材料受け入れと製造環境

原材料受け入れと製造環境

リポビタンDを作るために必要な原材料は、数種の原料をはじめビン、キャップ、ラベル、パッケージ等の材料から構成されています。これらは徹底した事前検査が行なわれます。リポビタンDの製造は、「クリーンルーム」という塵が非常に少ない環境の部屋で製造管理を行っており、どのくらい塵が少ないかを例えて表現すると、例えば塵の大きさを1cm角のサイコロ1コとした場合、東京ドームの中でこのサイコロ1コをさがすようなものです。