花粉症対策サイト 大正製薬 スギ花粉の話花粉症対策サイト 大正製薬 スギ花粉の話

市販薬の選び方

症状別対策:あなたの症状にあった市販薬を選びましょう

花粉症の症状がまだ軽いうちは、市販薬で十分に効果を得ることができます。現在は、抗ヒスタミン薬(第1世代、第2世代)、化学伝達物質遊離抑制薬、ステロイド、血管収縮剤などを主な成分とする薬があります。
花粉症対策薬は様々な成分のものがありますので、抑えたい症状や作用時間などから最も自分の症状に適していると思われる薬を選ぶことが重要です。それぞれに特徴がありますので、それぞれの長所短所を症状別に見ていきましょう。

■鼻水・鼻づまり・くしゃみへの対策

●抗ヒスタミン薬

この症状への対策は、抗ヒスタミン薬(第1世代、第2世代)の服用が主になります。緑内障や、前立腺障害がある方は服用できませんのでご注意ください。

・第1世代抗ヒスタミン薬
症状を引き起こす原因となるヒスタミンの作用をブロックする薬です。眠気や口の渇きといった副作用が出る方もいますが、効き目のキレが良いのが特徴です。就寝前に服用すると眠気は気になりませんし、しっかりと睡眠をとって休養することで自律神経が整えられ、翌朝の症状が楽になる場合もあります。
・第2世代抗ヒスタミン薬
医療用医薬品から転用されたスイッチOTCです。第1世代と作用メカニズムは同じですが、眠気や口の渇きといった副作用が出にくいものが多くなっています。現在では、花粉症の対策薬はこちらが主流になりつつあります。抗ヒスタミン薬(第1世代と第2世代)の詳細な違いはこちら
●点鼻薬

点鼻薬とは、鼻に薬を噴霧するスプレー状の薬のことです。すぐに効果を得たい場合には、内服薬と点鼻薬を併用することも可能です(製品によっては併用できないものもあります)
点鼻薬には大きく分けて、非ステロイド点鼻薬とステロイド点鼻薬の2種類があり、さらに非ステロイド点鼻薬には、3種類の薬があります。

・非ステロイド点鼻薬
抗ヒスタミン薬内服薬と同じように、鼻の粘膜でヒスタミンの動きをブロックします。抗アレルギー薬(化学伝達物質遊離抑制薬)鼻の粘膜でヒスタミンやロイコトリエンといった化学伝達物質が出るのを抑えます。症状が軽いときに使用します。血管収縮薬より強い鼻づまりを解消したいときに効果的な点鼻薬です。粘膜が腫れることで鼻づまりを引き起こしますが、その腫れた粘膜を収縮させて症状を改善させます。即効性はありますが、使いすぎると効き目が薄れていくため、点鼻薬を使う回数が増えてしまうのが特徴です。使いすぎると鼻粘膜がうっ血して腫れる「薬剤性鼻炎」を引き起こす可能性があります。
・ステロイド点鼻薬
医療用医薬品から転用されたスイッチOTCです。つらい症状を元から改善したいときに使用します。ステロイドにより鼻の中の炎症を引き起こす細胞や、アレルギー誘発物質を放出する肥満細胞の数を減少させることができます。

■目のかゆみへの対策

目のかゆみが強いときには、人工涙液や点眼薬を使うことで症状が和らぎます。コンタクトレンズ装着時は、防腐剤の入っていないものを使用しましょう。
点眼薬だけでは効果が不十分と感じる場合は、内服薬を併用すると効果的です。また、カップ式の眼洗浄剤は目の中の異物を洗い流すのに便利ですが、カップで覆われる範囲の目の周りの肌に付着した花粉も一緒に洗うことになるため、目の周りの花粉が目の表面について症状を悪化させる可能性もあります。眼洗浄剤を使う場合は、目の周りを良く洗ってから使用してください。

上記に挙げたものが花粉症に効く主な成分ですが、市販薬にはそれだけが入っているのではなく、主な成分のほかに使われている成分がいくつかあり、その成分の配合はメーカーによってさまざまです。そして、効く成分には個人差があるので、人によって効果は異なります。数日服用して効き目を実感できない場合は、他の成分を配合した薬を使ってみるのもよいでしょう。用法・用量を守って使用し、市販薬を1週間続けても症状が緩和されない場合には、医療機関を受診してください。

また、子供には子供用の薬を必ず使うようにしてください。体が成人並みに大きくても、臓器や体の機能は未発達です。用法・用量に書かれている年齢に合わない場合は、服用してはいけません。子供から大人まで服用できるタイプの市販薬もありますので、子供にも服用させたい場合は、そういった薬を選びましょう。
血管収縮薬を使った点鼻薬以外の市販薬では、薬を飲み続けることで、効果が薄れたり、依存性が高くなることはありません。市販薬をうまく使いながら、つらい花粉シーズンを乗り越えましょう。