日常生活で注意すべきこと日常生活で注意すべきこと

発症した際の注意事項

口唇ヘルペスは、人との接触によって感染します。
とくに症状が出ている時期は、ウイルスを大量に放出しているため、以前にヘルペスにかかったことがなく、ヘルペスウイルスに免疫がない人や、免疫があっても抵抗力が落ちている人は、ヘルペスに感染する確率が高くなります。

症状が起きているときは、子供に近づかない タオルやコップ等は共有しないようにしましょう

アトピー性皮膚炎の方は注意を

アトピー性皮膚炎の方は、皮膚のバリア機能が低下しているため、皮膚から感染して広範囲に広がり重症につながる恐れがあるため、注意が必要です。

発症した際の注意事項

再発を予防するためには、過労を避けバランスの良い食事を心がけましょう。

  • 栄養のバランスのとれた食事を心がける
  • ストレスや過労を避ける
  • かぜをひかないように注意する
  • 強い紫外線を避ける
セルフドクターネット「口唇ヘルペス、正しい知識で早めにケア」へ

よくあるご質問よくあるご質問

Q01.塗布期間の目安はどれぐらいですか?
A.塗布期間は10日間程度が目安ですが、かさぶたができるなど患部が乾燥すれば、薬剤の塗布を止めても差し支えありません。
Q02.「口唇ヘルペスの再発」限定なのは何故ですか?
A.一般用医薬品の効能としては、自覚症状により患者様自らが認知できる「口唇ヘルペスの再発」に限定しています。 再発の場合は一般的に症状が軽く、何回もくりかえす人は自分でわかりますが、初めて発症したと思われる場合が症状が重症になる場合もあり、自己判断ができないため、一般用医薬品では再発のみの適用としました。
Q03.塗布使用時期はいつが望ましいですが?
A.食事等で薬剤が取れてしまったりしないよう、毎食後、就寝前などの使用が目安です。
Q04.薬剤の保存方法はどのようにすればよいですか?
A.直射日光の当たらない、湿気の少ない30度以下の涼しい所に密栓して保管してください。
Q05.口唇ヘルペス以外のヘルペス感染症に使えますか?
A.口唇ヘルペスは唇とそのまわりにできるものです。 それ以外の部位には使用しないでください。
Q06.この薬は常備しておいた方がいいですか?
A.再発のきざしを感じたら、早めに塗布を開始することが効果的な使い方です。 したがって、本剤を常備しておくことをおすすめします。ただし、本剤を常備する場合は、ご家族の方が誤って使用することがないように注意してください。