EPA(イコサペント酸)について

医療用での実績:起源、開発の経緯

EPAの有用性発見

EPAが広く認知されるようになったのは、1970年代半ばからのDyerberg(ダイアベルグ)らによる疫学調査が発端です。
この調査で、デンマークの人々と、グリーンランドに住む先住民族イヌイットの食事内容と心臓病による死亡率の違いについて着目されました。

グリーンランドで心臓病が少ない理由

調査の結果、グリーンランドのイヌイットは、デンマーク人と同程度の脂肪を摂取していましたが、デンマーク人が動物性の脂肪を摂取していたのに対し、グリーンランドのイヌイットは魚やアザラシから脂肪を摂取しており、心筋梗塞や狭心症による死亡率が非常に少ないことが分かりました。

魚やアザラシの脂肪にはEPAが多く含まれており、グリーンランドの人々の血中に不飽和脂肪酸であるEPAが高濃度に含まれていることが分かり、EPAが心臓病の発症を予防する効果があるのではないかと期待されてきました。

n-3系脂肪酸(EPA)は心・脳血管疾患による死亡率を低下させる

日本においても、千葉大学の研究者が、千葉県の漁村と農村の住民の疫学研究を行っております。
漁村の住民は農村の住民よりも多くの魚を食しており、血中の脂肪酸を分析した結果、漁村の住民ではn-3系脂肪酸EPA含量が農村の住民よりも多く、さらに血小板凝集能が抑制されていることが判明しました。

また、他の漁村での心・脳血管疾患の死亡率が都市部に比べて低いという統計データの結果もあり、日本人においてもn-3系脂肪酸EPAと心・脳血管疾患の死亡率低下との関連が示唆されました。

EPA消費量と動脈硬化性疾患死亡率

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • LINE