かかと、足裏など足に感染・・・<br>水虫とは

  • ●白癬菌(真菌の一種)の感染で起こります。
  • ●白癬菌は表皮の角質に侵入し、ケラチンというタンパク質を栄養源として増殖します。
  • ●白癬菌は暖かくて湿度が高い環境を好みます。
  • ●水虫は、普通足に感染したもののことを指しますが、白癬菌は足以外にもすみつきます。

皮膚の構造

「表皮」「真皮」があり、最も外側は角質層です。皮膚の細胞は基底層で作られ、次第に外側へ押し出され、約2週間かかって角質になります。さらに2週間位経つと、角質はアカとなってはがれ落ちます。

水虫の進行状況

白癬菌が角質層に侵入、繁殖する。ケラチンを溶解し、その代謝物が皮膚の奥へ浸透。

浸透した代謝産物を異物として認識し、化学伝達物質が出てくる。

化学伝達物質が神経や血管を刺激して、かゆみや水疱ができる。炎症の繰り返しで角質は厚くなる。

水虫の患者数

国民の約24%が真菌症で、国民の4人に1人が水虫にかかっていると言われています。

参考) H23年度 厚生労働省 調べ

水虫のタイプ

・足の裏や側面に小さな水疱ができ、日が経つと赤くなって皮がむけてくる。

・皮膚が破れるとかゆみが強くなる。

・足の裏全体からかかとにかけて、皮膚が厚く硬くなり、白くひびわれを起こす。

・やがて皮膚がパラパラ落ちる。

・かゆみはあまりない。

・足の指の間が白くふやけたり、皮がむけたりしてただれる。

・かゆみが強く、細菌に感染すると痛みもでてくる。