歯周病とは?

戻る

歯周病ってどんな病気?

ご存じでしたか?歯ぐきはコラーゲン繊維で構成されています。
歯周病とは、このコラーゲン繊維が破壊された状態なのです。
歯周病とは、歯垢(プラーク)の中にいる「歯周病菌」によって、歯ぐきや歯槽骨などがおかされ炎症が起きる病気です。
自覚症状がないため、自分では気付かないうちに症状が進み、最後には歯が抜けてしまうこともあります。

こんな症状に心当たりがあれば注意が必要です。

  • 歯を磨くと出血する。
  • 口臭が気になる。
  • 歯ぐきがムズムズすることがある。
  • 歯ぐきが赤や紫の部分がある。
  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする。
  • 以前よりも歯が長くなった気がする。
  • 歯と歯の間にものがよくはさまる。

この中でひとつでも当てはまったら、アナタはもう歯周病になっている可能性が!!当てはまる数が多いほど、歯周病の可能性が高いです。

歯周病危険度チェック!

歯科疾患実態調査

自分には関係ないと思っていませんでしたか?
いま、日本では成人の約80%の方が歯周病だといわれています。
そう、思っているよりもずっと身近な病気なんです。

年齢別棒グラフ なんと日本人の4人に3人が歯周病なんと日本人の4人に3人が歯周病

歯周病の進行

歯周病の進行

歯周病の進行
  • 正常な状態

    歯ぐきはハリのある健康的なピンク色をしている。

  •  
    歯肉炎

    歯肉溝に歯垢がたまり、歯ぐきが炎症ではれて、歯周ポケットができる。出血などの症状もみられる。

  •  
    歯周炎

    炎症が進み、歯周ポケットが深くなる。歯槽骨も破壊され、歯がぐらつき膿もでて最後には歯が抜け落ちる。

 

※歯周病で歯肉の繊維(コラーゲン繊維)が破壊されるしくみ

歯周病で歯肉の繊維(コラーゲン繊維)が破壊されるしくみ
歯周病は、歯ぐきを構成しているコラーゲン繊維が壊れている状態なのです。

歯ぐきや歯槽骨は歯周病菌と身体の免疫細胞の戦いの場になり、炎症の結果破壊されてしまいます。

歯周病菌が侵入すると、まず白血球(好中球)が菌を殺そうとして戦いますが、むやみに攻撃し過ぎて、自分自身の歯肉の繊維(コラーゲン繊維)も破壊してしまいます。 ※出典:鴨井久一、沼部幸博「命をねらう歯周病」砂書房

歯周病危険度チェック

セルフドクターズチェック

チェック

歯周病は、生活習慣病のひとつで、今では成人の4人に3人が歯周病だと言われています。
歯や歯の周囲が発する不調のサインを正しく理解し、早めに対処することが歯の健康を保つことにつながります。
歯周病になっていないか、歯磨きの仕方に間違いはないか、この機会に確認してみてはいかがでしょう?

歯周病危険度チェック

※大正製薬がおすすめする健康情報サイト
セルフドクターネット

本品についてのお問い合わせは( お客様119番室 )03-3985-1800 受付時間 8:30~21:00(土・日・祝日を除く)

サイトマップ

  • Facebook
  • twitter
  • googleplus
  • line