「ラグビーワールドカップ2019™ 日本大会」オフィシャルスポンサーに就任
―16 年間、ラグビー日本代表協賛をしてきた大正製薬がラグビーワールドカップ™初協賛―

2017年11月1日

大正製薬株式会社[本社:東京都豊島区 社長:上原 茂](以下、当社)は、ワールドラグビーが主催する「ラグビーワールドカップ2019™ 日本大会」のオフィシャルスポンサー契約を締結し、本大会に協賛することを決定いたしました。

当社は、2001年よりラグビーの「日本代表オフィシャルスポンサー」、2016年より「日本代表オフィシャルパートナー」を務め、2002年からは海外の代表チームなどを招いてラグビー日本代表が対戦する試合の冠スポンサーを務めるなど、日本ラグビー界の発展を支援してまいりました。

今回、「ラグビーワールドカップ2019™ 日本大会」のオフィシャルスポンサーとして本大会に参画することにより、選手をはじめラグビー関係者の皆様、ファンの皆様と一体となって2019年の世界大会に向けてラグビーを盛り上げていけるものと考えております。

引き続き、当社の主力商品「リポビタンD」を通じて、夢に向かって前向きにがんばる人々に応援のメッセージを送り続け、本大会をサポートいたします。

◆ワールドラグビー会長Bill Beaumont 氏のコメント

大正製薬及びリポビタンDをラグビーワールドカップのコマーシャルプログラムに、オフィシャルスポンサーとして初めてお迎えできる事を嬉しく思います。リポビタンDは、日本において非常に重要なブランドであり、2001年からは開催国である日本のラグビーサポーターでもあります。マーケットリーダーがまた1社「ラグビーワールドカップ2019 日本大会」のパートナーシップに加わってくれることは、世界最大規模の最も愛されるイベントの1つであるラグビーワールドカップがいかに特別で名誉ある大会であるかを再認識させます。

◆大正製薬株式会社 代表取締役社長 上原 茂(うえはら しげる)のコメント

日本でワールドカップが開催される2019年は、日本ラグビーが発祥して120年となる記念すべき年です。この記念すべき年に「ラグビーワールドカップ2019™ 日本大会」のオフィシャルスポンサーとして本大会に参画できることを大変光栄に思います。本大会の開催により、ラグビーの素晴らしさが更に浸透し、ラグビー人気の向上につながることを期待しております。

ラグビーワールドカップ™について

ラグビーワールドカップは、4年に1度行われる「ラグビー世界チャンピオン決定戦」で、夏季オリンピック、FIFA ワールドカップに次ぐ規模となる世界三大スポーツイベントのひとつです。2019年に開催される本大会は、第9回目の開催となり、日本での開催はアジア初となります。世界トップ20の国を代表するチームがラグビーワールドカップの優勝トロフィー「ウェブ・エリス・カップ」を手にすることを目指して12都市48試合で対戦します。

【大会概要】

大会名称 ラグビーワールドカップ2019™ 日本大会
開催期間 2019年9月20日(金)から11月2日(土)
開催都市 12 都市(札幌市、岩手県・釜石市、埼玉県・熊谷市、東京都、神奈川県・横浜市、静岡県、愛知県・豊田市、大阪府・東大阪市、神戸市、福岡県・福岡市、熊本県・熊本市、大分県)
※公式ホームページ http://www.rugbyworldcup.com/
参加チーム 20チーム
観客動員数 約200万人(見込)
試合形式 合計48 試合
[予選プール]5 チーム×4 プール(計40 試合)
[決勝トーナメント]準々決勝、準決勝、3 位決定戦、決勝

The Rugby World Cup 2019 logo TM © Rugby World Cup Limited 2015. All rights reserved.