関節リウマチ治療薬の抗TNFα抗体NANOBODY「OZORALIZUMAB」の国内における開発および販売に関する契約締結について

2015年6月30日

大正製薬株式会社[本社:東京都豊島区、社長:上原 茂](以下、当社)は、Ablynx社[本社:GHENT(ベルギー)、CEO:Edwin Moses]と関節リウマチ治療薬の抗TNFα(腫瘍壊死因子α)抗体Nanobody「Ozoralizumab」の日本における独占的開発および販売に関する契約を締結したことをお知らせいたします。この契約により、当社は国内における抗TNFα抗体Nanobody「Ozoralizumab」の開発、製造販売承認取得および販売を行い、Ablynx社に対し、契約一時金およびマイルストーン、また発売後は売上に応じたロイヤルティーを支払います。
OzoralizumabはAblynx社が開発した次世代の抗TNFα抗体で、TNFαをターゲットとする2つのNanobodyとヒト血清アルブミンに結合するNanobodyを連結させることにより、in vivoにおいて血中半減期を延長させ、炎症部位への集積を向上しています。Ozoralizumabは既に関節リウマチ患者を対象としたフェーズ2試験を実施済みです。詳細な情報はAblynx社のホームページをご覧ください。

  http://www.ablynx.com/rd-portfolio/clinical-programmes/ozoralizumab/

関節リウマチは慢性的な炎症性の疾患であり、現在国内患者数は70~80万人と推定されております。関節リウマチでは主に関節部位に炎症が起こり腫脹と疼痛がみられ、病状が進行すると関節の変形等がみられます。病因は解明されておりませんが、TNFαなどのサイトカインが関節内の炎症に重要な役割を担っていると言われております。

Ablynx社はNanobodies技術の開発を専門とするバイオ医薬品企業です。Nanobodiesとは単一領域抗体断片に基づく治療用タンパクの一種で、既存の抗体薬の強みと、低分子薬の一部特徴をあわせ持ちます。Ablynx社は、社会に必要とされる新薬創出に注力しています。現在、Ablynx社は炎症、血液、腫瘍免疫、腫瘍および呼吸器疾患を含む様々な疾患領域で30以上の開発プログラムを持ち、AbbVie社、Boehringer Ingelheim社、Eddingpharm社、Genzyme社、Merck社、Merck Serono社およびNovartis社など多くの製薬会社と提携しています。Ablynx社に関する詳細な情報はホームページをご覧ください(http://www.ablynx.com)。

当社は、Ozoralizumabの開発を行うことにより、より多くの患者さんに関節リウマチ治療の選択肢の一つを提供したいと考えております。