「世界で最も持続可能な企業100社(Global 100)」に選出

2011年2月10日

大正製薬株式会社(本社:東京都豊島区 社長:上原 明)は、この度、カナダの出版社コーポレート・ナイツ社が選定する「Global 100 Most Sustainable Corporations in the World(世界で最も持続可能な企業100社)」(以下、「Global 100」)に初めて選出されました。日本企業は19社が選ばれ、当社は製薬企業として唯一選出され、100社中74位の評価を受けました。

2005年に開始された「Global 100」では、環境・社会・ガバナンス(ESG)の観点から最も持続可能性が高いと評価される上位100社が選定されます。評価は世界のあらゆる事業分野の主要企業を対象に実施され、世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)の開催時期にあわせて発表されます。

当社は、CSRへの取り組みをさらに深め、生命科学発展の一翼を担えるよう社会へ貢献してまいります。