情報システム関連業務を日本電気に委託

2009年10月28日

大正製薬株式会社(本社:東京都豊島区、社長:上原 明、以下大正製薬)は、社内情報システムの運用等関連業務を日本電気株式会社(本社:東京都港区、社長:矢野 薫、以下NEC)へ委託する契約(フルアウトソーシングサービス基本契約)を締結いたしました。

医薬品業界を取り巻く環境は厳しさを増しております。このような中、大正製薬は、本業である医薬品事業に、より一層経営資源を集中させるため、これまで社内で運用してきた情報システム関連業務をNECに委託することといたしました。

これにより、大正製薬は経営面、業務処理面に最適な情報技術活用体制の構築、情報システム活用に関する企画力の強化、NECデータセンターの堅牢かつ安定的な運用体制の活用による災害対策の充実等を図れることになりました。

NECは、大正製薬との緊密な協力関係を維持しながら、情報システムの集約化・標準化と品質の向上を図ってまいります。さらに、ここで得られたノウハウを活かし、サービス事業を拡大してまいります。

尚、大正製薬がNECへ委託する領域は、システムの管理・開発・運用・保守であり、企画業務は従来通り大正製薬が行ってまいります。