ミノキシジル5%配合、「リアップ」を超える高い発毛効果
「リアップX5」新発売

2009年5月21日

大正製薬株式会社(社長:上原 明)は、日本初のミノキシジル5%配合発毛剤「リアップX5」を、2009年6月1日より発売いたします。「リアップX5」はミノキシジルを従来品「リアップ」の5倍量配合した、男性用の発毛剤です。

「リアップX5」の開発にあたり、日本においてミノキシジル5%製剤と1%製剤を比較した臨床試験を実施しました。有効性の評価においては、試験開始時と全く同一の部位(1cm2)における毛髪数の変化を1本1本調べるという独自の評価方法を採用しました。その結果、5%製剤は1%製剤と比較して総毛髪数及び非軟毛数(太さ40μm以上の毛髪)が有意に増えることが確認されました。さらに医師による5段階評価を行った結果、使用24週後の中等度改善以上が、5%製剤は1%製剤と比較して有意に優れていることが確認され、「リアップ」を超える高い発毛効果が認められました。安全性の評価においては、「リアップX5」で認められた副作用のほとんどが接触皮膚炎や湿疹等の皮膚症状で、その種類・程度については「リアップ」と大きな違いはなく、発現頻度にやや増加傾向が見られています。

また、ご利用の皆様にさらに使いやすくご使用頂けるように、容器の改良も行いました。「リアップX5」の新容器は従来の計量操作をなくすことで、わずか3ステップで使用できるようになりました。

ミノキシジル製剤は、世界90ヵ国以上で医療用医薬品として販売され、約40ヵ国にてOTC医薬品として販売されています。そのうちアメリカやイギリスなど20ヵ国以上で、ミノキシジル5%製剤がOTC医薬品として販売されています。

当社は1999年に日本初のダイレクトOTCとして「リアップ」を発売して以来、毛髪用剤市場において10年連続でトップシェアを維持しております。今後は、より発毛効果の高い「リアップX5」を男性用「リアップ」シリーズの基幹商品に据え、頭髪に悩みを持つ男性の皆さまの快適な生活の実現に、一層の貢献をして参ります。

◇リアップX5ブランドサイト URL:http://www.taisho.co.jp/riup/riupx5/

◇製品特長

・発毛成分ミノキシジルを5%配合

・1日2回、4ヵ月の使用で効果を発揮

・3ステップで塗布できる使いやすくなった新容器を採用

◇製品概要

製  品  名 リアップX5
製品区分 医薬品(第1類医薬品)
希望小売価格
60mL 7,400円 (本体7,048円+税352円)
成    分
100mL中
ミノキシジル 5.0g
効    能 壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防。
用 法・用 量 成人男性(20歳以上)が、1日2回、1回1mLを脱毛している頭皮に塗布する。
発  売  日 2009年6月1日
初年度目標額 80億円(発売日より1年間の出荷額)

 
■資料1■
ミノキシジル5%製剤と1%製剤の発毛効果比較
【医師の評価 (使用24週後)】承認申請時添付データ ※リアップX5(n=140)、リアップ(n=142) n:被験者数
著 明 改 善: 密度の高い毛髪成長(薄くなった領域がほぼ完全に被われている。毛髪の密度は薄毛化していない領域とほぼ等しい)
中等度改善: 中等度の毛髪成長(薄くなった領域が、新発毛により部分的に被われているが、薄くならなかった領域に比べると密度は低い[容易に識別できる])
軽 度 改 善: 軽微な毛髪成長(明確な毛髪成長がみられるが、薄くなった領域をかなり被うということはない)
不    変: 可視的毛髪成長なし
悪    化: 毛髪成長の後退
 
■資料2■
ミノキシジル5%製剤と1%製剤の発毛効果比較
【総毛髪数の変化 (平均値 差)】承認申請時添付データ n:被験者数
**リアップに比べ有意に増加(**:P<0.01)
 毛髪数の評価: 投与開始4~24週後(4週毎)に治験開始時と全く同一部位(1cm2)における毛髪数の変化を確認した。
 ※総毛髪数:非軟毛数と軟毛数の合計本数
 ※非軟毛数:太さ40μm以上の毛髪数
 ※軟毛数:太さ40μm未満の毛髪数
 
■資料3■
ミノキシジル5%製剤と1%製剤の発毛効果比較
【非軟毛数の変化 (平均値 差)】承認申請時添付データ n:被験者数
*、**:リアップに比べ有意に増加(*:P<0.05  **:P<0.01)
 毛髪数の評価: 投与開始4~24週後(4週毎)に治験開始時と全く同一部位(1cm2)における毛髪数の変化を確認した。
 ※非軟毛数: 太さ40μm以上の毛髪数 
 
■資料4■
【副作用発現率】
リアップX5の副作用発現率8.7%(主な副作用:接触皮膚炎3.3%、湿疹3.3%、脂漏性皮膚炎2.0%)
リアップの副作用発現率5.3%(主な副作用:接触皮膚炎2.0%)