医療用からのスイッチ成分「チキジウム臭化物」配合
「ストパン」新発売

2009年4月21日

大正製薬株式会社(社長:上原 明)は、医療用の抗コリン薬である「チキジウム臭化物」を配合したスイッチOTCの鎮痛胃腸薬「ストパン」を、4月21日より発売いたします。

「ストパン」は、医療用医薬品で使用されている抗コリン薬「チキジウム臭化物」をOTC医薬品で初めて配合した胃腸薬です。当社の調査*によると、胃腸薬を服用する時の胃痛症状で、最も多かった回答は「キリキリした痛み」(56.2%)でした。突然のキリキリとした痛みは、ストレスなどによる胃腸の異常な収縮によって起こります。「チキジウム臭化物」は、胃腸の異常な収縮を抑制することで、ストレスなどによって引き起こされる突然の胃痛・腹痛に効果を発揮します。

ストレスなどによる刺激が自律神経のうち副交感神経に伝わると、神経末端からアセチルコリンが分泌されます。アセチルコリンが胃腸の受容体に結合すると胃酸の分泌や、胃腸の収縮が起こります。スイッチ成分「チキジウム臭化物」は、アセチルコリンの受容体への結合をブロックし、胃酸分泌や平滑筋**の異常な収縮をおさえ痛みを止めます。

「チキジウム臭化物」は、1984年から医療用医薬品として使用されており、現在に至るまで消化器系疾患の治療薬として広く処方されています。

当社は、効き目のすぐれたOTC医薬品を生活者に提供するため、新しい有効成分を配合した製品や、新しい効能・効果をもつ製品の開発を積極的に行っております。生活者が自らの健康は自らで管理して治療にあたる「セルフメディケーション」に貢献できるよう、今後も新しいOTC医薬品の開発を積極的に行ってまいります。

*胃痛で胃腸薬を服用したユーザー(n=2,967)、2008年3月実施。

**胃や腸など管状の器官をとりまく筋肉で、ゆるやかに収縮・弛緩することで食べ物や便を送り出しています。

◇ストパンブランドサイト URL:http://www.taisho.co.jp/stopan/

◇製品特長

・医療用成分「チキジウム臭化物」配合

・1回1カプセル、服用しやすい小型カプセル

・胃腸の異常な収縮による痛みに優れた効果を発揮

◇製品概要

製  品  名 ストパン
製品区分 医薬品(第1類医薬品)
希望小売価格
10カプセル 1,380円 (本体1,315円+税65円)
成    分
(1カプセル中)
チキジウム臭化物 5mg
効    能 胃痛、腹痛、さしこみ(腹部疝痛(せんつう))
(本剤は、胃腸の緊張をやわらげる成分を含んでいます)
用 法・用 量 次の量を服用してください。服用間隔は5時間以上おいてください。
年令 1回量 服用回数
15才以上 1カプセル 1日3回まで
15才未満 服用しないこと
発  売  日 2009年4月21日
初年度目標額 2億円(発売日より1年間の出荷額)