2008年度(財)上原記念生命科学財団
上原賞・各種研究助成金受賞者決定のお知らせ

2008年12月17日

財団法人 上原記念生命科学財団

財団法人上原記念生命科学財団(東京都豊島区、理事長:上原昭二/大正製薬株式会社名誉会長)は、12月17日(水)に開催した理事会において、2008年度 上原賞・各種研究助成金受賞者を決定しましたのでお知らせいたします。
今年度の上原賞受賞者は2名、各種助成件数は325件、助成金総額は10億7,890万円です。

上原賞 2名 4,000万円(1件 2,000万円)
○飯野正光氏 東京大学大学院医学系研究科教授

対象となった研究実績  「カルシウムシグナルの時空間制御機構とその生理的意義の解明」
○山中伸弥氏 京都大学物質-細胞統合システム拠点iPS細胞研究センター長
対象となった研究実績  「多能性幹細胞の維持と誘導」

各種助成金 325件 10億3,890万円

特定研究助成金 20件 7,000万円
研究助成金 (1件500万円) 70件 3億5,000万円
研究推進特別奨励金 (1件400万円) 9件 3,600万円
研究奨励金 (1件200万円) 90件 1億8,000万円
海外留学助成金リサーチフェローシップ 71件 2億2,970万円
海外留学助成金ポストドクトラルフェローシップ 35件 1億2,980万円
その他
国際シンポジウム助成金 25件 2,500万円
来日研究生助成金 5件 1,840万円

財団法人上原記念生命科学財団は、故上原正吉名誉会長の足跡を記念するとともに大正製薬創業70周年記念事業として1985年2月に「上原記念生命科学財団」を設立し今年で24年目を迎えます。この財団は生命科学の研究に従事している方々に対しての研究助成、海外留学助成、褒賞を行うことと国際シンポジウム開催などの事業活動を行い、生命科学の発展に寄与するものです。1985年から2008年までの累計助成件数は5,914件、助成金等の交付総額は約174億円に達しています。
上原記念生命科学財団のホームページはこちらをご覧ください。

上 原 賞 受 賞 者

受賞者氏名:飯野 正光  (イイノ マサミツ)  医学博士
所属機関および役職:東京大学大学院医学系研究科教授
生年月日 昭和 25年 9月26日生
略  歴 昭和 51年 3月 東北大学医学部卒業
51年 4月 東北大学大学院医学研究科入学
55年 3月 東北大学大学院医学研究科修了(医学博士)
55年 4月 東北大学医学部助手
55年 8月 ロンドン大学客員研究員(昭和57年8月まで)
59年 6月 東京大学医学部助手
平成 3年 9月 東京大学医学部講師
7年 4月 東京大学医学部教授
19年 4月 東京大学大学院医学系研究科副医学系研究科長・副医学部長(併任)

褒賞対象となった研究業績
「カルシウムシグナルの時空間制御機構とその生理的意義の解明」
カルシウムシグナル機構研究に独創的な研究手法を導入して、カルシウムシグナルの時空間制御メカニズムを明らかにし、その多機能性の基盤を明確にするとともに、独自の可視化プローブを見出し、イメージング法による細胞機能解析を飛躍的に進展させた。さらにはカルシウムシグナル機構を特異的に抑制して機能変化を解析する新規手法を開発、神経回路の維持機構を明らかにする等カルシウムの新たな生理的意義を解明した比類ない研究業績。

上 原 賞 受 賞 者

受賞者氏名:山中 伸弥  (ヤマナカ シンヤ)  医学博士
所属機関および役職:京都大学物質-細胞統合システム拠点iPS細胞研究センター長
生年月日 昭和 37年 9月4日生
略  歴 昭和 62年 3月 神戸大学医学部卒業
62年 7月 国立大阪病院臨床研修医
平成 5年 3月 大阪市立大学大学院医学研究科修了
5年 4月 Gladstone Institute Postdoctoral Fellow University of California, San Francisco, Research Fellow
8年 1月 日本学術振興会特別研究員
8年 10月 大阪市立大学医学部薬理学教室助手
11年 12月 奈良先端科学技術大学院大学 遺伝子教育研究センター助教授
15年 9月 奈良先端科学技術大学院大学 遺伝子教育研究センター教授
15年 10月 独立行政法人科学技術振興機構CREST研究代表
16年 10月 京都大学再生医科学研究所再生誘導研究分野教授
19年 8月 Gladstone Institutes,Visiting Scientist
19年 10月 京都大学物質-細胞統合システム拠点教授
20年 1月 京都大学物質-細胞統合システム拠点 iPS細胞研究センター長

褒賞対象となった研究業績
「多能性幹細胞の維持と誘導」
胚性幹(ES)細胞の分化多能性維持にかかわる重要因子を相次いで発見し、それらの因子を組み合わせることにより、マウスやヒト皮膚由来の線維芽細胞から、ES細胞に類似した多能性幹細胞である人工多能性幹(iPS)細胞を誘導することに成功した。iPS細胞はヒト胚を利用することなく、患者自身の細胞から多能性幹細胞の樹立を可能とする画期的な技術であり、新たな研究領域を切り開いた独創的研究業績。

【助成金額の推移】

グラフ

【国際シンポジウムの開催】

第1回 1985年 10月 「活力ある長寿のための循環器疾患予防」
第2回 1988年 5月 「細胞の情報伝達機構」
第3回 1990年 7月 「筋の発生・維持と収縮、最近の発展」
第4回 1993年 12月 「内皮由来因子と血管機能」
第5回 1996年 6月 「脳の高次機能と分子生物学的アプローチ」
第6回 1999年 6月 「Common Disease-遺伝子異常と発症機構」
第7回 2002年 6月 「これからのゲノム科学」
第8回 2005年 7月 「自然免疫-難治疾患の克服に向けた分子戦略」
第9回 2008年 6月 「システムズバイオロジー:複雑な生命システム理解への挑戦」

[第9回国際シンポジウムの概要]

1. シンポジウムの名称
和文名: 上原記念生命科学財団国際シンポジウム-2008
システムズバイオロジー -複雑な生命システム理解への挑戦-
英文名: The Uehara Memorial Foundation Symposium -2008
Systems Biology : The Challenge of Complexity
2. 組織委員
名誉委員長 遠藤 實(埼玉医科大学顧問)
委員長 中西 重忠(大阪バイオサイエンス研究所所長)
副委員長 影山 龍一郎(京都大学ウイルス研究所所長)
渡邉 大(京都大学大学院医学研究科教授)
委員 川人 光男(国際電気通信基礎技術研究所脳情報研究所所長)
近藤 滋(名古屋大学大学院理学研究科教授)
黒田 真也(東京大学大学院理学系研究科教授)
上田 泰己(理化学研究所発生・再生科学総合研究センターチームリーダー)
3. シンポジウム内容
生体の情報系は個体,細胞間,細胞内のいずれにおいても情報のネットワークを形成し、時空間を持ってダイナミックな制御を受けています。従来の生命科学・医学の研究は機能分子の同定とその解析から生体の情報系のメカニズムを追求してきましたが、近年情報系のダイナミックな統合された制御メカニズムの研究、すなわちシステムズバイオロジーの研究が精力的に進められ、新しい展開を迎えています。そこで上原記念生命科学財団では3年前に特定研究として「システムズバイオロジー」を取り上げ、研究を開始しました。 今回のシンポジウムではその成果として「システムズバイオロジーによる、複雑な生命システム理解への挑戦」と題し、次の3つの分野における基礎研究や臨床応用への新しい戦略を呈示しました。
(1)細胞間ネットワークが生み出すダイナミクスと複雑性
神経系、免疫系、内分泌系に代表される個体レベルでの情報ネットワーク及びこれに関わる細胞間のネットワークのダイナミックな時空間的制御機構を明らかにしました。
(2)細胞内情報ネットワークの統御機構
遺伝子発現や細胞内シグナリングの細胞内情報ネットワークの統合と制御のメカニズムを明らかにしました。
(3)情報ネットワークの異常と疾病
疾病や生体の機能異常を情報ネットワークの観点から解析を進め、そのメカニズムを明らかにしました。
以上、3つの分野について第一線の28名の研究者により発表が行なわれました。国内外の200名を超える参加者に対して、システムズバイオロジーによる、複雑な生命システムの理解と細胞間、細胞内情報ネットワークの解明のみならず、臨床応用への新しい戦略が示され、インパクトは極めて大きいものになりました。
4. 講演者
国内18名、国外10名

【公開シンポジウムの開催】

第1回 2004年 2月 「未知への探求~脳科学最前線-ここまで解明された脳の機能」
第2回 2007年 2月 「医療改革を目指して~免疫研究の最前線」