ミノキシジルに頭皮環境を活性化する成分をプラス配合
「リアッププラス」新発売

2007年12月19日

大正製薬株式会社(社長:上原 明)は、ミノキシジルに頭皮環境を整える成分をプラスした新製品「リアッププラス」を2008年1月21日より発売開始いたします。

「リアッププラス」は、発毛成分「ミノキシジル」に加え、壮年性脱毛症の病理にもとづいた頭皮環境を活性化する3種類の成分を新配合した男性用の発毛剤です。「ミノキシジル」が、毛包※1に直接作用して、細胞の増殖やタンパク質の合成を促進することによって発毛効果を発揮します。その他、パントテニールエチルエーテルが毛細胞に栄養を補給し、酢酸トコフェロールが皮脂の酸化を防いで頭皮を保護し、l-メントールが頭皮に清涼感を与えます。

「リアッププラス」では、基剤として新たに、皮膚刺激性が低い「ブチレングリコール(1,3-ブチレングリコール)」を採用しました。有効成分「ミノキシジル」を配合した医薬品でブチレングリコールを使用するのは世界でも初めてで、皮膚刺激性にも配慮をいたしました。

「ミノキシジル」は、世界90カ国以上で医療用医薬品として販売され、アメリカやイギリスなど約40カ国ではOTC医薬品(一般用医薬品)として販売されています。日本では「壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防」の効能を取得した男性用の発毛剤「リアップ」として1999年に発売を開始し、2007年3月末までの累計出荷本数は3,000万本※2を越えております。

広告展開では、CMキャラクターとして新たに椎名桔平さんを起用いたします。2008年1月21日から、椎名桔平さんが登場する新しいテレビCMが放映されるほか、新聞・雑誌広告、交通ステッカーなどで広く新製品の発売を告知してまいります。また、リアップホームページをリニューアルして製品情報はもちろん、毛髪に関する様々な情報を提供してまいります。

リアップホームページURL http://www.taisho.co.jp/riup/

※1 頭皮の真皮内で毛根を包み、毛髪の成長をつかさどる組織。壮年性脱毛症では、毛髪が生え替わる度に毛包が徐々にミニチュア化し、結果、毛髪が細くなってしまいます。
※2 リアップ60mL及び120mLの合計出荷本数(リアップレディ除く)。

◇製品特長

・発毛成分「ミノキシジル」配合

・新たに配合した3つの有効成分が頭皮環境を活性化

・刺激性の低い新しい基剤を採用

◇製品概要

製  品  名 リアッププラス
製 品 区 分 一般用医薬品(指定医薬品)
希望小売価格
60mL 5,500円 (本体5,239円+税261円)
成    分
100mL中
ミノキシジル 1.0g
パントテニールエチルエーテル 1.0g
酢酸トコフェロール 0.08g
l-メントール 0.3g
効    能 壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防。
用 法・用 量 成人男性(20歳以上)が、1日2回、1回1mLを脱毛している頭皮に塗布する。
発  売  日 2008年1月21日
初年度目標額 50億円(発売日より1年間の出荷額)