「大正製薬環境・社会活動報告書」(2006年版)を発行

2006年12月11日

大正製薬株式会社(社長 上原 明)は、2005年度の環境・社会活動に関する内容をまとめた「大正製薬環境・社会活動報告書」(2006年版)を発行致しました。

当社は「社会から支持される方法で」「生活者の健康でより豊かな暮らしの実現に貢献する」という企業理念に従って生活者の皆様の生命と健康に関わる事業活動を行い、社会的責任を果たすよう努力しています。

本報告書は、当社の活動内容を生活者の皆様にご理解いただくための重要なコミュニケーションツールのひとつとして2002年から毎年発行しています(2002年版は「環境報告書」として発行)。

2006年版では、当社の第1次環境基本計画(2001~2005年度)の取り組み結果、2010年度を目標として新たに設定した「第2次環境基本計画」の内容などをとりまとめるとともに、昨年版と同じく「データ編」で各項目の推移がわかるようにしました。また、国内全3工場で廃棄物ゼロエミッション達成したことを環境ハイライトとして取りまとめました。これからも、当社の活動内容、関連情報などを幅広く公開していきたいと考えています。

⇒「大正製薬環境・社会活動報告書」(2006年版)掲載ページへ