「大正製薬環境・社会報告書」(2005年版)を発行

2005年10月25日



「大正製薬環境・社会報告書」(2005年版)


大正製薬株式会社(社長 上原 明)は、2004年度の環境・社会活動に関する内容をまとめた「大正製薬環境・社会報告書」(2005年版)を発行致しました。

当社は「社会から支持される方法で」「生活者の健康でより豊かな暮らしの実現に貢献する」という企業理念に従って生活者の皆様の生命と健康に関わる事業活動を行い、社会的責任を果たすよう努力しています。

環境・社会報告書は、当社の活動内容を生活者の皆様にご理解いただくための重要なコミュニケーションツールの一つとして2002年から毎年発行しています(2002年版は「環境報告書」として発行)。

2005年版では、ここ数年取り組んできた容器の軽量化や環境に優しい素材への変更などの取組みをまとめるとともに、新たに「データ編」を設けて各項目の推移がわかるようにしました。また、4月に施行された改正薬事法への対応や個人情報保護法への対応などを追加するとともに、「信頼性保証の仕組み」「ステークホルダーとの関わり」「企業市民としての活動」を取りまとめました。これからも、当社の活動内容、関連情報などを幅広く公開していきたいと考えています。

⇒「大正製薬環境・社会報告書」(2005年版)掲載ページへ