大正製薬と米国イーライ・リリー社が大正製薬の2型糖尿病治療薬に関しライセンス契約を締結

2005年7月6日


大正製薬株式会社(社長:上原 明 以下、大正製薬)とイーライ・リリー社(本社:米国インディアナ州インディアナポリス 社長:シドニー・トーレル)は、このほど、大正製薬が創薬し臨床開発を進めている新規の2型糖尿病治療薬TS-021(現在国内フェーズ1)について、ライセンス契約を締結しました。

TS-021は、ジペプチジル・ペプチダーゼIV(DPP-IV; 内因性のインスリン分泌促進物質であるグルカゴン様ペプチド(GLP-1)の分解酵素)を阻害することにより、インスリン分泌を促進し血糖を低下させる新しいタイプの薬剤です。生活習慣病の一つである糖尿病は世界的に患者数が増加しており、本剤は上市後、大型製品になる可能性があります。

今回のライセンス契約により、大正製薬はイーライ・リリー社に対し、日本と中国を除く海外での独占的な開発・販売権を許諾します。なお、全世界における開発用、商業用原薬の製造及び供給、並びに日本と中国における開発・販売については大正製薬が権利を保持します。また、大正製薬は米国と海外の一部の国において、本剤をイーライ・リリー社と共同でプロモーションできるオプション権を有しております。

大正製薬は、日本国内では一般用医薬品(大衆薬)のトップメーカーでありますが、医療用医薬品分野においても、自社研究基盤の整備を進め研究開発を着実に強化しております。その成果として、今回のTS-021を含む複数のオリジナル化合物について臨床試験を開始しております。今後も自社研究開発及び国内外企業との提携を積極的に展開し、医療用医薬品事業の強化を進めていきます。