タイで「パブロン」「大正漢方胃腸薬」発売

2005年7月5日


  



大正製薬株式会社(社長 上原 明、以下 大正製薬)は、7月よりタイにおいて、一般用医薬品の風邪薬「PABRON COLD(パブロン コールド)」、胃腸薬「TAISHO KAMPO(タイショウ カンポウ)」の販売を開始いたしました。

両製品はともに、日本国内の製品をベースにタイ向けに開発いたしました。「PABRON COLD」は、風邪の初期症状に効果的な、服用しやすいドリンクタイプの葛根湯エキス製剤です。「TAISHO KAMPO」はタイでは初の生薬100%配合の胃腸薬です。安中散が低下した胃腸機能を改善し、胃液中の酸を整え、芍薬甘草湯が胃腸の筋肉の緊張をやわらげます。

今後は「PABRON COLD」を含むパブロンシリーズ数品目を展開し、3年後にはパブロンブランドで風邪薬市場のトップシェアを目指します。一方、「TAISHO KAMPO」は、現代社会のストレスにより胃腸への負担が増大しつつあるタイの胃腸薬市場において、新たな領域にチャレンジします。

現在、海外ではアジアを中心にドリンク剤「リポビタン」を展開、世界18カ国において、その土地や風土にあったエナジードリンクとして開発・発売しております。今後も、日本における大衆薬のノウハウを積極的に活用して、世界中の方々にその市場ニーズにマッチした製品を提供していきたいと考えております。


◇製品概要
現地製品名 PABRON COLD(パブロン コールド)
成      分 葛根湯
効能・効果 風邪の初期の諸症状
用法・用量 1日3本
希望小売価格 30mL 3本入り 120バーツ(1本当たり 40バーツ)

現地製品名 TAISHO KAMPO(タイショウ カンポウ)
成      分 安中散、芍薬甘草湯
効能・効果 胃部不快感、腹部膨満感、食欲不振
用法・用量 1日3回、1回4錠を服用
希望小売価格 12錠入り 34バーツ、4錠入り 13バーツ