おなかをととのえたい方に
医薬部外品整腸薬「ビオリスC」新発売

2004年12月22日



大正製薬株式会社(社長 上原 明)は、3種の乳酸菌とビタミンCを配合した整腸薬「ビオリスC」を12月24日より発売開始いたします。

現代人の生活は、かたよった食生活、運動不足、ストレスや忙しくてなかなかトイレに行けないなど、おなかにさまざまな負担をかけています。これらの生活スタイルは、腸内細菌のバランスをくずす一因となります。

「ビオリスC」は、3種の乳酸菌(アシドフィルス菌、フェカーリス菌、ビフィズス菌)とビタミンCを配合した整腸薬です。3種類の乳酸菌によって産生される酸が、腸内のpHを下げることで、有害な菌の増殖をおさえ、おなかの調子を整えます。1回1錠、1日3回服用することで、すぐれた効果を発揮します。水なしで、どこでものめるレモン風味のチュアブル錠です。

◇製品特長
3種の乳酸菌とビタミンC配合
水なしで服用可能なレモン風味のチュアブル錠
1回1錠、1日3回服用タイプ

◇製品概要

製  品  名 ビオリスC
希望小売価格 18錠 787円(本体750円+税37円)
成    分 (1錠中)
ラクトミン 10mg
(Lactobacillus acidophilus:アシドフィルス菌)
ラクトミン 10mg
(Streptococcus faecalis:フェカーリス菌)
ビフィズス菌 10mg
アスコルビン酸(ビタミンC) 166.7mg
(3錠中500mg)
効    能 整腸(便通を整える)、便秘、軟便、腹部膨満感
用 法・用 量 次の量を食後にかみくだくか、口中で溶かして服用してください。

年令

成人(15才以上)

15才未満

1回量 1錠 服用しないこと
服用回数 1日3回
発  売  日 2004年12月24日
初年度目標額 1億円(発売日から1年間の出荷額)