大正製薬から「Livita」ブランド
食後の血糖値上昇をおだやかにする特定保健用食品「グルコケア」新発売

2003年2月13日


グルコケア商品画像


大正製薬株式会社(社長 上原 明)は、食後の急激な血糖値の上昇をおだやかにする働きのある特定保健用食品「グルコケア」(190g 120円)を2月25日より発売開始いたします。 なお当社は、当社発売の安全性と有効性が科学的に証明された食品に関するトータルブランドを「Livita」(リビタ:Life Vitality Support)といたします。

「グルコケア」の関与成分である難消化性デキストリンという水溶性の食物繊維が食後の糖の吸収を抑制することで血糖値の上昇をおだやかにします。 血糖値は、食後に上昇しますので、食事と一緒に「グルコケア」を飲んでいただくことが大切です。毎日無理なくお飲みいただくために、緑茶風味の飲みやすい飲料に仕上げました。

高齢化が進展する現在、生活習慣病が大きな社会問題となっています。生活習慣病は、食事、運動、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群とされています。なかでも、新しい"国民病"といわれる糖尿病はインスリンの分泌や作用の低下により、高血糖状態になり、さまざまな合併症を引き起こします。
近年糖尿病患者数は増加の一途をたどり、平成9年度厚生労働省の実態調査では予備軍も含めて、1,370万人近くいると推定されます。これに伴い、血糖値対応の特定保健用食品市場は、平成11年度5.2億円から、平成13年度184.3億円と約35倍に急拡大しています。

このような背景の中、当社では平成14年3月に高コレステロール対応の特定保健用食品「コレスケア」を発売いたしました。製薬メーカーならではの安全性と有効性で生活者の皆様から指示を受け、好調な売り上げを示しています。今回発売の「グルコケア」は当社2製品目の特定保健用食品となります。

21世紀に入り生活者の「自分の健康は自分で守る」というセルフメディケーション意識の高まりと共に、特定保健用食品市場は4000億円を越えるまでに拡がっています。
「生活者のより豊かな暮らしの実現に貢献する」ことを経営理念とする当社では、治療薬のみならず、健康に寄与する保健薬、生活改善薬、医薬部外品や特定保健用食品事業へと業容を拡げてまいりました。今後も生活者ニーズを満たすべく商品の開発をおこなってまいります。


◇製品特長

食事で摂取したブドウ糖の吸収を抑える食物繊維「難消化性デキストリン」 配合
飲みやすく飽きのこない「緑茶風味」

◇製品概要
製  品  名 グルコケア(清涼飲料水)
希望小売価格 1缶(190g)120円
許 可 表 示 本飲料は食物繊維(難消化性デキストリン)を含んでおり、糖の吸収をおだやかにするので、血糖値が気になる方に適しています。
摂  取  量 食事とともに1缶(190g)を目安にお飲みください。
成分分析表
1缶(190g)当たり
熱量:0.8~5.3kcal、たんぱく質:0.2g、脂質:0g
糖質:1.1g以下、食物繊維:5.5g、ナトリウム:30mg
関与する成分/難消化性デキストリン(食物繊維として)5.1g
発  売  日 平成15年2年25日
初年度目標 15億円(発売より1年間)